FC2ブログ

新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

ポーランドのピクルス 「オグルキ」

*つくれぽ記事の最後に追記してあります。

日本対パラグアイ戦、惜しかったですね。それにしても納得できなかったのが、審判の非常に偏った判断。日本プレイヤーが相手チームにちょっと触れたとかでイエローカード出しまくってるくせに、パラグアイ選手が絶対反則してる!という状況でもイエローカードどころか、何もしない審判。
試合を見た方思いませんでしたか?日本チームよくがんばったと思います。きっと帰国してたら国中が彼らを暖かく迎えてくれることでしょうね。


さて、夫のこだわりのポーランドのピクルス「オグルキ」は彼自身が作りました。
IMG_5443.jpg
写真も彼自ら撮り、
「作り方をちゃんとひとつひとつ手順を追ってブログに記録するように」なーんて私に言うこだわりよう。
ポーランドのオグルキを是非日本の人々に伝えたいという野望がちょっと見えたぞ。わてくしのブログでは広がらねぇー。



それでは材料と作り方、いってみよっかー。




****** 材料 ******
ピクルス用きゅうり
西洋わさび (写真右にある白い長いやつ)
フレッシュディル
にんにく
マスタートシード(なくてもいい)
黒粒こしょう 少々 (写真はミックスですが、実際は黒しか使ってません)
塩水 (1Lに対して塩大さじ1.5)
************************************
IMG_5414.jpg


****** 準備 ******
お湯を沸かして冷ましておく (1キロのきゅうりにつき1リットルぐらい)
塩をお湯に加える *1Lに対して大さじ1.5だけど、塩の種類によって塩辛さが変わってくるので、必ず自分で味を確認し、好みの濃さにして下さい。目安は日本の浅漬け・ぬか漬けみたいな塩加減です。
************************************


****** 作り方 ******
1.きゅうりをよーく洗います。
IMG_5403.jpg

2.西洋わさびは皮をピーラーでむいて適当な長さと大きさにきります。
IMG_5421.jpg

3.にんにくも同様
IMG_5423.jpg

4.殺菌した容器に西洋わさび、ディル、にんにく、マスタードシード、粒こしょうを入れる
IMG_5427.jpg

5.きゅうりを容器に敷き詰める


6.途中でディル、にんにく、西洋わさびを入れる
IMG_5429.jpg


7.きゅうりをさらに敷き詰める
IMG_5436.jpg


8.5,6を繰り返し容器がいっぱいになったら準備しておいた冷めた塩水を追加して蓋を閉めます
IMG_5441.jpg


9.夏は常温で2~3日したらできあがり。後は冷蔵庫で保存すればある程度発酵は遅らせることができます。
******************************************

発酵が始まると水が乳白色になり、きゅうりの色が変わってきます。この色が発酵の目安になります。

発酵前
IMG_5446.jpg

発酵後
IMG_5478.jpg
ん~おいしそう♪

きゅうりの色もこんな風に変わります。前→後
IMG_5404_.jpgIMG_5479_.jpg


IMG_5405__.jpgIMG_5480_.jpg




2日目はまだ浅漬けっぽい味
3日目からだんだん酸っぱくなってきます。一度発酵が始まるとどんどん酸っぱくなるので、冷蔵庫で保存するのがいいでしょう。





ポーランドのどの家庭でもつくられるオグルキ。ポーランドではしっかり密封して保存し1年中食べています。
オグルキの汁は健康にいいので、そのまま飲みます。二日酔いにもいいそうです。

日本のきゅうりは太くないし実もしっかりしているので、ピクルス作りに適しているかと思います。容器にうまく収まらないときは適当な大きさに切って漬けます。
材料が手に入る方は是非お試しあれ♪


IMG_5432.jpg


IMG_5411.jpg



<つくれぽ>

なんとよっちゃんが日本で材料を揃えて作ってくれましたポーランドのピクルス。日本では手に入りづらいかなと思った西洋わさびは、意外と売っているとのこと。
「ポーランド式ピクルスはあっさりしていると家族、友達、会社の人達にも大好評でした。」とのことです。

よっちゃんの作ったピクルス
発酵前
CA390194.jpg


発酵後
CA390198.jpg



ううー、おいしそう。私もまたピクルス作りたくなってきたぞー。
よっちゃんありがとうございます。





テーマ:食品・食べ物・食生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2010/06/30(水) 15:41:56|
  2. その他食

キムチこさえたぞー

これまた久々にキムチ。全部で二株分こさえました。
IMG_5321.jpg


キムチ作りにはアミの塩辛を使いますが、この辺では手に入らないので、代用できる海老ペーストをものを以前お友達からいただいていました。今回やっとこ使うことができた。
IMG_5306.jpg
味は塩のみなので、アミの塩辛と原材料は同じ。蓋を開けたら... けっこうキョーレツな魚臭い匂いがしました。

ヤンニョムの具に混ぜてしまったら気になる匂いはなくなりました。ヤンニョムにの具には大根ではなくコールラビを代用。
IMG_5323.jpg


出来上がり♪今なら室温で3日ぐらい待てば食べられるかな。
IMG_5324.jpg


テーマ:食品・食べ物・食生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2010/06/17(木) 08:09:43|
  2. その他食

心も身体もほっこり温まる癒し系スープ

先週友人宅でスープをご馳走になりました。それがとても優しい味がするの。食べてるだけで心が癒されるような味でした。彼女の心がお料理に伝わっている!
それが忘れられなくて、今日おうちで再現してみました。おいしくて簡単です。
IMG_3223.jpg


優しい味がするスープの秘密はこれです!
じゃじゃーん
Heferflocken(オートミールです)
IMG_3219.jpg
これをスープの仕上げに入れて5分ほどさらに煮込むとトロっとした乳白色のスープになります。


さらに本日は未開拓の野菜をスープに投入!それはこちらです
Steckrueben スウェーデンカブ  です。
IMG_3217.jpg
ごつごつしてでかいです。

切ってみると色は薄黄色です。味のほうは淡白
IMG_3220.jpg


これはドイツのスーパーでは普通に売っていますが、ドイツ料理を知らぬ私は何に使っていいかわからずいつも素通りでした。
今回は勇気を出して買ってみました。で、とりあえず無難なところはスープの具するのが一番でしょう。
ほかにも挑戦してみたい未知の野菜があるんだけど、夫が嫌がる! きっと変なもの食べさせられるんじゃないかと思ってるんだろうなー。今度は秘密で買ってやる。



スープの出来上がりはこちらです。
Steckrübenの色が良く出ています。野菜から出た甘みとオートミールから出る乳白のスープが最高です!
IMG_3230.jpg




スパイスにはにんにく、しょうが、ローリエ、クミンパウダーを使用しています。あとは好きなスープの素を少しだけ加えて塩を加えます。野菜からおいしいダシが出ているのでスープの素は少量でぜんぜんOKです。

使用した野菜は、セロリ、たまねぎ、ポレー、にんじん、Steckrüben、パセリです。
オートミールの他、キヌアとアマランサスを少々入れました。




  1. 2010/01/18(月) 17:04:51|
  2. その他食

晩御飯

最近晩御飯がんばって作ってます。
がんばっているポイントは、塩分控えめに、そして野菜をたくさん取り入れて、そしてお腹いっぱいになること。
たまに(ていうかしょっちゅう)作りすぎるけど。二人分の分量って難しいのよね。

今の季節は野菜が旬なので、結構色々なアレンジが利く。

久しぶりに晩御飯アップ~♪
DSCN3729.jpg
うちの食卓常連の酸辣湯(サンラータン・スーラータン)
野菜とサーモンのレタス手巻き
パスタご飯(Rice-A-Toni)


Rice-A-Toni 最近覚えた新レシピなんだけど、私的に大ヒット!しょっちゅう作ってます。カッペリーニをプチプチ折って、バターまたはオリーブオイルでパスタの色がブラウンになるまで香ばしく炒め、バスマティライスを入れてさらに炒め、粉末ブイヨン(固形の場合は崩して)を入れてさらにいためます。香りがしてきたら湯を加えて調理します。
米とパスタの料は半々ぐらい。米が多めでもOK、要するに好みでどうぞ!

超簡単なんだけど、そのままでもばくばく食べれちゃうぐらいおいしい。パスタの香ばしさがご飯と良く合ってすっごくおいしい。私はバターとオリーブオイル両方で作ってみたけれど、オリーブオイルの方が私にはおいしかった。
パスタはカッペリーニを使用しますが、私はスープ用か何かに既に細かくなっているパスタが近所のトルコスーパーで売っていたので、それを使いました。

レシピビデオをアップしたので、英語ですが、映像だけで分かるぐらい簡単なので、興味ある人はどうぞ。すっごくおいしいです。

私はこの人とこの人のレシピのファンです。シンプルでおいしい。彼女の食べっぷりもいい。


  1. 2009/05/13(水) 08:33:46|
  2. その他食

夫の実家でクリスマス

こっちのクリスマスは日本の正月みたいなのも。みんな実家に帰ってクリスマスをお祝いします。
夫の実家でのクリスマスは、義母がおいしい料理をたくさん振舞ってくれました。肉を食べない私のためにも色々準備してくれました。

今回は義母の振舞ってくれたお料理。ほかの話は別記事に書きます。
写真に載っている以外にも、滞在した4日間、毎日たくさんごの馳走が出た。
お義母さんありがとう!

ニシンの塩漬け
DSCN3094.jpg

バルシチ
クリスマスには欠かせないポーランド料理のひとつ
DSCN3095.jpg

マッシュルーム炒め
DSCN3096.jpg

パプリカサラダ
DSCN3098.jpg

サワークラウトのピロシキ
DSCN3102.jpg

きのこのピロシキ
DSCN3103.jpg

えびさんがこんなにたくさん
DSCN3104.jpg

カプフェン、日本語で鯉なんだけれど、それとはまた違った形の魚。これもポーランドの伝統的なクリスマス料理の一つ。私はちょっと...苦手でしたね。カプフェンをムニエルにしてから酢に漬けるお料理も伝統的なポーランド料理です。
DSCN3105.jpg
  1. 2008/12/28(日) 10:24:54|
  2. その他食
前のページ 次のページ