新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ローションとジェル

現地調達を目指して色々とがんばっていましたが、結局のところ日本の基礎化粧で落ち着いてしまうというオチになってしまいました!

ファンデーションに続き、今度はローションとジェルです。

アクアフォース、エキストラローション
9853.jpg

トロっとして保湿効果大のローションです。これでまずしっかり潤わせておきます。
ドイツの基礎化粧ローションは水みたいな物ばかりで、全然潤わない。色々試したけど、こればかりはどうしても現地調達は無理でした。奮発して値段の高いとろみのある化粧水もこちらで買ってみましたが、日本で愛用していたローションのような保湿感全然なしでした。

今使っている日本製のローションは結構値段がはるので、今回オルビスのアクアフォースシリーズ買ってみました。 値段もお手ごろで、とても嬉しい保湿効果でした。


ついでにこちらも購入
エキストラジェル
9851.jpg

さらにしっとり感を与えるジェルです。

ジェルのあとに今使っている保湿クリームを塗ってます。
仕上がり満足♪


補足として現地調達品で気に入っているものと組み合わせて使っていこうと思っています。

こちらはdmの無香料ローション。安いので、ローションパックにたっぷり使ってます。日本から購入するローションを使う前にこちらで肌をまず潤わせておきます。
DSCN3479.jpg


Tautropfen から出ているアクアタオの保湿ジェルも結構気に入ってます。
detail_aquatau.gif

同じく Tautropfenのアンチエイジング Anti-Aging-Fluid、試供品しか使ったことありませんが、なかなかよかった。値段は結構張りますが、少量で済むのでコストパフォーマンスはいいと見てます。


31SoyzNqrL.jpg


最終的にどのような組み合わせになるか分かりませんが、こんな感じでしばらくは落ち着きそうです。



ローション、ファンデーション、ファンデーション下地は日本調達が一番という結論にいたりました。

スポンサーサイト

テーマ:ダイエット・美容・健康 - ジャンル:ライフ

  1. 2011/03/05(土) 10:27:41|
  2. コスメ

ファンデーション

先日ファンデーション下地について記事投稿しましたが、今回はファンデーション。
1251010_210.jpg

オルビスのシフォンベールファンデーションを買いました。
今とても気に入って使ってます。

以前はFanclのクリーミータイプのファンデーションを使っていたのですが、どうも均等に肌に落ち着いてくれないので、何度もパフでおさえているうちに思わず厚塗りになってしまいがちでした。厚塗りになると目もとのしわも目立ってくる.....
鼻の気になるところもファンデーションが全然落ち着いてくれなくて、いつも格闘してました。

オルビスは下地も透明感があって素肌がそのまま見えます。ファンデーションはその上にさらっとのせる程度でOK。今までがんばってファンデーションと奮闘していたので、「え、これだけでいいの?」 と思ってしまうぐらい薄くつけてます。その分透明感があります。素肌を隠すのではなく、素肌のように自然に見えるってかんじかな。
気になる毛穴は下地で目立たなくしているので、厚塗りして隠さなくてもいいわけです。

「毛穴やしみなどは、自分が思っているほど他の人は気づかないもの。それが見えるほどまでに至近距離に入ってくる人は普段いない」と、オルビス美容部員さんが言ってました。

なるほどー。いつも自分の顔は鏡で至近距離で見てるし、気になるところは余計に目だって見えるから、その距離で見えないようにファンデーションを塗ったら厚くなってしまうのも当然。


というわけで、パウダーで最後に仕上げるという必要もなくなり、パウダーを捨てることになりました。


次回はローションとジェルについて書きます。


私は決してオルビスの回し者ではありませんヨ。

テーマ:ダイエット・美容・健康 - ジャンル:ライフ

  1. 2011/03/05(土) 09:58:39|
  2. コスメ

やっぱり日本製にはかなわないかぁ

化粧品、ドイツで調達するのをがんばってますが、日本のものを使うとやっぱり肌にしっくりとくる。
自然化粧品関係、ドイツは豊富なんだけど、香料は結構きついし、肌のしっとり効果はイマイチ.....
その中でいくつかいいものは見つけたけれど、日本の基礎化粧がここで手に入るなら迷わずそちらを購入しているかなぁ。


ファンデーション下地を探すのが以外に大変。色の着いたクリームみたいなのは売っているけれど、塗ってる後からポロポロと垢のように落ちてくる。

こちらの保湿クリームもそういったものが多い。


日本だったらそんなもの絶対に売れない!
クレーム品になってしまうぞ。


ドイツ調達をとうとう諦めて、日本のものを購入しました。
通販で買えるOrbis、もちろん発送は日本国内に限るので、家族に送ってもらわないとだめですが。


色々購入しましたが、今回は下地をテーマに。


なかなかネットでも評判で買ってみましたが、とてもよかったです。
12g、 1200円
1253030_210.jpg

これは鼻の毛穴専用で、必要な量はほんの少し。これで鼻のテカリが押さえられ、毛穴が目立たなくなりました。


鼻以外のゾーンは、こちらを使用
35g、1008円
9786.jpg
しっとりしてて、肌によくなじむ。

送料は初回オーダー無料、割引もあり。サンプルも好きなものがオーダーした品数だけ一緒に注文できる。

さすが日本の化粧品!


リキッドファンデーション、パウダー、ドイツで色々買い試したけど全部捨てました。パウダーも要らない!

Orbisからはその他、ファンデーション、化粧水、など購入しました。私はずっとファンデーションはFanclを使ってましたが、こっちの方が私には合ってる!

その話はまた後ほど。

テーマ:コレ、気になる! - ジャンル:ライフ

  1. 2011/02/25(金) 08:29:57|
  2. コスメ

DIADERMINE シリーズ

このシリーズのクリーム、使い始めて、一ヶ月。そのときの記事はコチラ


dmに繰り出したら、なんと商品棚卸しなのか半額セール!
買っちゃいましたよもちろん。

目元のしわ用 50mlでかなり小さいです。
dia1.jpg
dmオリジナル価格 8ユーロ、ん、もっとしたかも。
Amazon 12ユーロ

セール価格 3.85ユーロ


夜用クリーム
dia2.jpg
dmオリジナル価格15ユーロ
Amazon価格 17ユーロ

セール価格 6.95ユーロ



すごい得した気分♪ルンルン♪
使い心地はまた後ほどお知らせしますネ。

では~




テーマ:ダイエット・美容・健康 - ジャンル:ライフ

  1. 2010/12/11(土) 12:31:40|
  2. コスメ

Intense Age Repair

基礎化粧品探しはドイツでは冒険です。どれが自分の肌に合うか、使ってみないと分からない。試供品がないものも多数。
ドラッグストア dm で Dadermine という基礎化粧のテスターがそろっていたので、店頭で試してみたら感じが良かったので買ってみました。
Intensive Age Repair 訳してみれば年齢による肌の衰えを集中的に修復するクリームというのでしょうかね。
このクリームの推奨年齢は35歳から上限なし。
diadermine.jpg
50gで15ユーロだったかな? 17ユーロだったかな? レシートも見つからんし、相変わらず値段の覚えられないヤツですいません。 汗


私にとってはすごい高い買い物です。でもお肌の曲がり角をとっくに過ぎているのでちゃんとケアしないといけないものね。


ドイツの乾燥肌用のクリームって油分が多くて、湿度よりも油分を補われている気がする。それでもってクリームを肌に塗りこむと肌になじむんじゃなくて、ポロポロって垢のように落ちてくる製品が多々あり。

今回買ったクリームは「塗りこめ!」とパッケージに書いてあるだけあって、塗りこむと肌に入っていくのでかなり満足。
しかもアレルギー体質の人に優しい製品として認証されている。クリームの香料は自然なほのかな香りで気になりません。

テストできるサンプルがあるのとないのでは、売り上げに差が出るのではないかなと思います。興味がある基礎化粧品はいくつもあるんだけど、自分に合うかどうか分からないものを高いお金出していきなり試すのはどうも理にかなわないものね。

テーマ:ダイエット・美容・健康 - ジャンル:ライフ

  1. 2010/11/09(火) 09:27:06|
  2. コスメ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。