FC2ブログ

新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

リニューアル

ただいま麹育て中....

なかなかまとまった時間がとれないのが麹作りの大変なところ。2日間ずっと麹の温度管理やってます。

今回の麹作り、色々道具をリニューアルして、だんだん本格的になってます。これ以上キッチン道具が増えたら狭いキッチンにもう置き場所がない!!!と夫は嘆いております。でもなんだかんだいってちゃんと協力してくれて非常に感謝なのです

蒸しあがった米
IMG_4513.jpg


20時間後に一度取り出して米をかき混ぜて菌をさらに全体にまんべんなくいきわたるようにします。
写真では分かりずらいけど、麹菌が米に根をはりところどころ白くなっています。
IMG_4525.jpg

IMG_4526.jpg
最初はあまり見かけも変わりませんが、この最初の手入れから麹菌がどんどん糸をのばして増えていくのだ。

次の記事にでも書こうと思いますが、道具も大きめのを購入し、米が相当扱いやすくなりました。

発酵室も当初予定していたIkea購入のラックはやめて別なものを使い、これもなかなか使いやすく、順調に米麹は育っています。


実はこの前に一度失敗しています。それはアイスボックスでは十分だった熱源が大きめのIkeaラックでは不十分だったから。それで熱源を替えました。

麹作りは失敗からたくさん学びます。

今のところ順調に育っているので、この作り方で安定しそうです。
明日に麹が仕上がります。

  1. 2010/05/10(月) 21:35:04|
  2. 米麹作り

IKEA へあるものを探しに

昨日の昼間はある友人宅へランチに招待されてきました。

写真は撮らなかったけど、品数豊富に準備してくれていて、とっても美味しくて幸せなのでした。 私や他の友人も同じように招待しあったりするんだけど、みんなの作る料理がすっごく美味しくて大好き。作る人それぞれのレパートリーがあって、味付けも自分がしない味付けだったりして、それが自分にとってはすごく新鮮でお料理意欲に対してすごいいい刺激になるんだわ。とっても参考になる。
そしていつも思うのは、レストランに行って食べるよりも、はるかに美味しい。


友人宅でのランチがとっても楽しくて、あっという間に夕方になってしまい、夫がお迎えに来てしまいました。後ろ髪を引かれながら友人宅を去り、向かったのは IKEA。
私がどうしても探したかったのがあるのです。それは、麹を発酵させるための簡易麹室。
アイスボックスで発酵させると、麹を厚く積んで発酵させるので、品温があがりやすくなるし、どうも扱いにくい。それで色々頭にイメージを浮かべながら IKEA で麹発酵に使えそうな何かを探しました。

そしたらね、



見つかったのぉ~♪













これこれ
53802_PE157425_S3.jpg




引き出しが3段ついて、網状になっている。もう超理想的!!!!! 値段も19ユーロとお手ごろ。この棚を厚めのダンボールで覆って、前面はダンボールの戸を開け閉め出来るように改造します。
一番下の段に熱源となるものを入れて、上の2段に麹を入れて発酵させる。

カ・ン・ペ・キ。

これはいけそうだわ。おもいっきり自己満足の世界。麹作りの執念だわ。


ついでにIKEAで大き目の布巾を買った。これを縫い合わせて大きくして麹を包む布にするんだ。おっしゃ、楽しみが増えたぞ。ワクワク。




  1. 2010/04/08(木) 08:59:20|
  2. 米麹作り

甘酒

手作り麹で前回のように甘酒を作りました。
前回は温度計とにらめっこで9時間家にこもりっきりでしたが、今回の温度管理はサーモメーターにお任せで簡単にできました。甘酒発酵中に外出もできちゃいます。

もち米1に対して水2を加え、炊飯器でもち米を炊きます。熱湯1を加えて混ぜ、温度が70度ぐらいまで下がったら、麹1を加えます。

こんなかんじ。
IMG_3423.jpg

で、湯銭にかけて温度を60度に保ちながら9時間発酵させます。
麹作りで重宝しているのが、昭和初期に出回ったような炊飯器。構造が単純なので、サーモメーターとつなげて温度管理することが可能なのだ。サーモメーターのスイッチのオンオフで、炊飯器は自動的に炊飯モードになり、水の温度を上げてくれる。
IMG_3425.jpg


発酵前は水分がありません。
IMG_3427.jpg


仕上がりはしっとりと水分が出て、とっても甘くなってます。
IMG_3431.jpg


出来上がった甘酒のもとを今度は80度まで温めて発酵を止めてから冷蔵庫で保存。
IMG_3435.jpg


麹作りって面倒くさいんだけど、発酵すると「ボクは生きてるよ!」って訴えているかのように自ら熱を発する。そして50度以上になると糖化を始めるという別な性質も持っていて、生き物のようでかわいかったりするんだな。やっぱりあきらめないで麹作りと味噌作りは続けていこうと思うのでした。




  1. 2010/02/14(日) 13:37:34|
  2. 米麹作り

米麹作り

まとまった時間がなかなかとれなくて伸ばし伸ばしになっていた麹づくり、やっとこやりました。麹作りは3日間はつぶれるから、日を選ぶのが大変。

今回はサーモメーターで温度管理をしています。
DSCN4503.jpg
これがなかなかの優れもので、スイッチオン、オフの温度設定が0.01度の精度で設定できる。

温度管理が自動だと、楽チン。ほとんど手放し状態...... といいたいのだけれど、麹君は一度発酵が始まると自ら発熱するので、今度は温度が上がり過ぎないように時々様子をみなくてはいけない。

ヒーターのスイッチが適温で切られたとしても、麹君はおかまいなしにどんどん熱くなっていく。
温度管理、やっぱり難しい....


できあがりはこちら
IMG_3401.jpg
IMG_3403.jpg

経験がないので、理想的な仕上がりの状態がわかりません。いちど日本に帰って味噌屋で修行させてもらいたい。


今回1,5キロの米を麹にしましたが、アイスボックスで発酵させるにはこれが限界。

一度に10kgの味噌をこしらえたいと夢見ていたんだけど、1,5キロの麹では味噌の仕上がり量が3.75キロという現実。

味噌作りは趣味でとどめておくのが無難じゃ。


課題のたくさん残る麹作りでした。次は味噌作りです。
  1. 2010/02/12(金) 16:10:45|
  2. 米麹作り

麹作りにサーモスタット

先日注文しておいたモノが届きました~♪

じゃじゃ~ん
サーモスタットぉぉぉ
DSCN4502.jpg
お値段のほうは46,95ユーロで、お手ごろ価格。日本だったらこういうの1万はすると思う。





熱源をここに差し込んで温度設定をするだけの超便利物♪
先にセンサーがついていて、設定温度に到達するとスイッチが自動で切れます。これで麹作りが効率上がります。温度管理はサーモスタットにお任せして私は夜眠ることができるワ。
DSCN4503.jpg



さっそく試したいんだけど、なかなかまとまった時間が見つからない。11月のはじめにはまた麹作り再開したいと思っております。

  1. 2009/10/22(木) 12:33:50|
  2. 米麹作り
前のページ 次のページ