新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お知らせ

旧ブログも含めて、ブログをはじめて約1年半という時間が経ちました。
自分の生活と料理を綴る日記みたいな感じではじめました。

最近このブログを持って何を伝えたいか、考え始めました。
ほぼ毎日ブログを更新するって、結構時間費やします。綺麗に仕上げようと思ったら1時間なんてあっという間に過ぎてしまいます。

ブログを通して、いろいろな人の生活が見えたり、私と似たような境遇の人と共感できたりして、とっても楽しく過ごしてきました。

最近私の中で何かがうずうずしています。
日本語のブログは日本人または日本語が理解できる人へのメッセージです。私が何かを伝えたい対象が変わってきました。それは、自分の住んでいる国ドイツの人々じゃないかな。。。。と。
それならば、私のドイツ語のレベルアップも本気になってやらなければと思ってきました。
ブログに時間を費やしていると、当たり前ですが、頭の中が全て日本語になります。まずは、この頭の中が日本語になる時間を少し減らしてみようと思います。

私の次のステージは「日本をドイツに伝える」
何を伝えるかまだはっきり分かりませんが、いくつか考えはあります。その小さな目標に向けて今度は歩いてみようと思います。


ということでしばしの間ブログをお休みさせていただくか、かなりの不定期更新にすることになります。
ブログをまったく辞めるということはしません。きっと時々何か書き残したいこと、伝えたいことが出てくると思うので。


私のブログに遊びに来てくれた方々、ありがとう
これからも、時々皆さんのブログに遊びに行きます。

何か個人的に伝えたいことがある方は左のフォームでメールを送っていただければ、私も喜んでお返事します!!♪



スポンサーサイト
  1. 2006/10/23(月) 22:02:18|
  2. 未分類

ドイツに暮らして思うこと

日本から脱出すべくドイツへ単身で渡ってきてから4年経ちました。なかなか友達もできず、仕事は日本人とドイツ人の中間に立って、自分がどう出るべきか分からず悩んだ日々。

ドイツで就職活動を始めたときは、就労ビザなしでドイツ語も出来ずドイツで就職活動、無謀もいいとこで仕事なんて見つかるのか、不安な日々もありました。アパート探しも同時進行で、これもまた苦労しました。大きな町ではいい物件は競争率が激しく、大家さんが候補者の中から一番条件のいい人を選ぶというのが当たり前。もちろん外国人でドイツ語ができない私にはチャンスがないわけです。
結局アパートが見つからず、知り合いになったオーストラリア人の夫婦に助けてもらい、半居候させてもらいました。

奇跡的に就職も決まり、試用期間の半年間、ドキドキしながら必死で駆け抜けていきました。知り合いもなく、会社の同僚達には「日本人」ということでちょっと距離を置かれ、話し相手もいなくてしばらくの間孤独でした。
社宅からアパートに引っ越した時は、前の住居人がひどい状態でアパートを私に引渡し、汚いカーペット、ぼろぼろのキッチンを実際の値段よりも高額で買い取ってしまったことが後で分かり、悔しい思いをしました。ドイツ人のイメージがどんどんマイナスになりました。ほぼ誰の助けもなしで引越しをし、最低限の家具を買い揃えたアパートでの生活が始まりました。
孤独だったし、生活と仕事の同時立ち上げは大変でした。それでもドイツに暮らせることがとてもうれしくて幸せでした。

ドイツで暮らすという目標が本当に現実になったのがあまりにも夢のようでした。就職して引っ越してきた小さな町を歩いて現実を再確認しかみしめていたのを思い出します。


3年間夢中で駆け抜けてきただけにかなり無理していたところもありました。
今は甘えさせてもらって職場を離れ比較的に静かに過ごしています。
私が3年間、夫が6年間働いた職場を離れたのもこれまた不思議で、目に見えない手に導かれるように、次の道が見えてきたのです。私も夫も今まったく予想していなかった展開でした。

ドイツという国、ドイツに住んでいる人々、いろいろな面が見えてきました。良いところ、悪いところたくさん出てきます。ドイツが抱えている社会問題もかなりなものです。

4年間では、この国はまだまだ見えてきません。言葉の面、人とのやり取り、まだまだギクシャクしています。自分が住んでいる国をどうやって受け入れていくか、自分はこの国で何をしたいか、自分に出来ることは何かをずっと考えています。
ドイツに来たことは自分の選択のようでありながら目に見えない手に導かれてきたことも確かです。どんなちいさなことでもきっとなにかあるはず。


見るもの全てが珍しく驚き発見が多かった時期は過ぎ去り、今は自分がドイツ生活で別なステージに踏み込んできているのを感じています。
最近いろいろ考えています。

続きはまた今度。

  1. 2006/10/22(日) 20:28:13|
  2. ドイツもの・ドイツカルチャー

夫の誕生日

夫の誕生日で1週間実家へ戻っていました。

私からの誕生日のプレゼントはマフラー。道中暖かくいられるように、一人でいるときも私のぬくもりが伝わるように.... という思いをこめてプレゼントしました。

夫の実家への滞在中には、義母たってのリクエストで、義母と一緒にキムチを白菜10kg分漬けました。今回の仕上がりはかなり良かったですよ。あっという間にキムチがなくなりそうです。次回は20kgぐらい作ってしまおうかしら。キムチは相変わらず夫家族、私の友人などなど好評で、しかもみんなキムチの味が忘れられず中毒になってます。そこまで喜んでもらえると、私もうれしくて、またはりきって作っちゃいます。


夫の誕生日のお祝いディナー

またもや懲りずに寿司を作りました。
今回はカリフォルニアロールに加えて、えび巻き、いかリング巻きとレパートリーを増やしてみました。

そして、生春巻き

義母の作った北京ダック、サーモンパイ包み焼き
などなど

DSCN7614.jpg

DSCN7615.jpg

  1. 2006/10/22(日) 19:43:26|
  2. ドイツでの日常生活などなど

お久しぶりです

お久しぶりです。
夫の誕生日をはさんで夫の実家(私達がもと住んでいた町)へ里帰りしていました。今日1週間ぶりに戻ってきました。

友達にも久しぶりに会って、あっという間に過ぎた1週間でした。

でも、やっぱり我が家が一番落ちつくなーぁ。

今日はビールでも飲んでゆっくり過ごし、明日からまた洗濯掃除、お勉強はりきるぞー。

そろそろスポーツもしなければ...
  1. 2006/10/22(日) 03:59:58|
  2. 未分類

菜食の勧め

ちょっとの間ご無沙汰してました。

今日は私の食生活について書いてみます。

私は肉を食べません。でも魚、乳製品は時々食べるプチベジタリアン。
肉を食べない生き方を選んで7年ぐらい経つでしょうか。


もとから肉を好んで食べる人ではなかった
節約の為に野菜中心の生活をしていた

というベジになる素質はあったのだと思います。

ベジになったからといって、栄養不足になることはありません。むしろ健康になったと思います。やせこけるということもありません。しっかりおなかの肉もつくしネ!


肉を食べるのを辞めると、不思議と味覚が敏感になります。素材の味をより楽しめるようになるわけです。
そして、体臭減少、大便のにおいも減少、おならのにおいは減少・または無臭になります。
ファーストフードへレストランへは滅多に行かなくなります。


私がベジになったばかりの頃は、日本ではベジタリアンはまだまだ受け入れられていませんでした。周りからはちょっと体調が悪いと「肉を食べないからだ」とか言われたし(笑、「栄養が偏る」とか、「結婚したらパートナーとの食生活が合わなくて大変だぞ~」とか、いろいろ批判を浴びました。


ドイツはおもいっきり肉食文化です。今日では肉スキャンダルは時々勃発するのは珍しくない世の中です。ドイツでもようやく有機野菜、ベジタリアン、スローフードが注目を浴びつつあります。


「結婚したらパートナーとの食生活が合わなくて大変だぞ~」との警告は的外れで、夫も肉をそんなに好んで食べないし、私の食生活に非常に共感してくれて、日本食大好きだし、全然うまくいってます!
むしろ、肉食をやめなくたって食生活が合う人、合わない人っているし、まだまだ偏見が多い時代の日本でした。
今なら日本はベジに対してちょっとはポジティブになったかしら。

ベジタリアンっていろいろな種類があるんですよ。

肉は食べないけど魚介類、卵、乳製品は食べるベジ
肉、魚介類は食べないけど卵、乳製品は食べるベジ
肉、魚介類、卵、乳製品を一切食べないベジ
加熱調理をせず、木の実になったものだけど食するベジ
肉、魚介類、卵、乳製品、ゴクン(五葷)=ねぎ・にんにく・あさつき・らっきょう・にらを食さないベジ

いろいろな価値観、信念にもよりますが、要するに肉を食べなくなることからベジタリアンは始まります。
  1. 2006/10/11(水) 16:44:02|
  2. 食材

ベジタリアン麻婆豆腐

先日紹介した大豆そぼろを使用した100%ベジタリアン麻婆豆腐です。麻婆豆腐の素を使わなくても、簡単に作れるアイテムです。
夫が大好きなので週に一度は必ず作っています。


見た目よりもカロリーは低めの健康食品です。


材料


ドウチー
豆板醤
大豆そぼろ
ねぎ
にんにく
しょうが
五香粉(あれば)

味の調整は塩・みりん・砂糖で。仕上げはごま油少々加えて出来上がりです




  1. 2006/10/04(水) 22:05:50|
  2. アジア食
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。