新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

我が家の節約方法

節約方法はいろいろありますが、まず外食をしないことが我が家では大きな節約になっています。

こっちのレストランて高いし、水もタダではくれないし、高い割には満足のいく味でもなかったりするんです。チップもある程度あげなくてはいけないし。
日本みたいにラーメン屋さんとか、回転寿司とか気軽に安くいけるような場所がないんですぅー。安い中華はあるけれど、はっきり言ってまずいです。

たまーーーに外食をすると、私と夫二人で意見が一致します。「おうちで食べたほうがおいしいね。」って。

最近天気もイマイチで外出もしていないし、服や靴もめったに買わなくなりました。スノボなんてもってのほか!ずっと続けていたクライミングも今は休んでます。

おかげさまで限られたお金でやりくりして、月末にお金が余るようになりました。
スポーツは続けたいので、ランニングをしています。家で夫と一緒にトレーニングも始めました。

東京にいた頃はしょっちゅう外食していたし、週に2回ぐらいは飲みに行っていました。美容院も結構高いところへ行っていたし、家賃もそれなりにしたし、休みができると海外へ行ったり...
スノボも冬は殆ど毎週行っていました。クライミングも、ジムにも通っていました。

ドイツでの生活は東京での生活とは全く違うリズム。見かけは地味ですが、今の生活のほうがずっとずっと心にゆとりがあって幸せです。海外に旅行に行けなくても、近くの公園の景色がきれいだったり、外食しなくても、家で作るお寿司や麻婆豆腐がおいしかったり、こんな小さなことがうれしく感じることができます



スポンサーサイト
  1. 2007/01/30(火) 19:19:41|
  2. 節約生活

バラック・オバマ

アメリカ合衆国上院議員バラック・オバマの演説と彼の活動が分かるビデオをインターネットで初めて見ました。

2008年大統領選挙に候補有力者とされ、ドイツのニュースでも、「USAの新しい希望」「ブラックJFK」と期待を集めています。

彼は自信に満ちていながらも謙遜で、国民と同じレベルに立って物事を見つめています。「この人ならきっと!」みたいな希望を感じました。ブッシュのように何か裏のありそうな国民から信頼されない人柄とは正反対です。
彼に大統領選挙に進出して、是非当選して欲しいと思います。もし当選したら初の有色人大統領です。

アメリカは他の国から好かれる、戦争をしない国に変わらなければいけないです。バラック・オバマならそれが可能な気がします。

  1. 2007/01/28(日) 21:38:17|
  2. 未分類

安いパスタマシーンはダメ?

初めてパスタを作りました。
肝心のパスタマシーンのほうですが、早速調子が悪くなり、生地を薄くするローラーは、いちばん厚い生地を通すピッチ1でハンドルを回すと「ガチッ」とハンドルが引っかかり、力を入れないと回ってくれません。そして「キィーキーキーー」って耳を突くような騒音もおまけに出ちゃうよ!
カッターの方も不調で、パスタがくっついて出てきちゃうんですぅぅぅっ。そのくっついた生地を一本一本手で切り離しました。普通生地をカッターに通すとちゃんと離れて出てくるんですよね。

パスタマシーンってこんなもん?いや、こんなはずはない。もっと静かだし、ちゃんとローラーも引っかからないで回ってくれるはずだし、パスタは離れて出てくるはずだぁ!よね
だれかパスタマシーン持っている人教えてください。

10ユーロで買えるようなパスタマシーンに期待はしてはいけなかったかしら。


スパゲティの生地

DSCN8311.jpg




手で切り離して干しました。(洗濯物干しです)

DSCN8315.jpg



フェットチーネ。きしめんみたい?

DSCN8321.jpg



そして出来立てパスタでペペロンチーノを作って試食

DSCN8322.jpg



ん、なんか違う。パスタっぽくない。どちらかというと細いうどんのような。。。 コシが足りない。

一度手作りパスタを食べると、市販の乾燥したパスタが食べられなくなる。。。みたいなことをよく聞くんですが、私は市販のパスタがおいしいと思います。
ってことは失敗!?

ガーン
撃沈

  1. 2007/01/28(日) 02:36:32|
  2. パスタ

蕁麻疹の経過

過去ブログ記事「最近の変化」でも書きましたが、慢性蕁麻疹になってから7年。抗ヒスタミン剤の服用量を半錠にして、間隔をあけて飲むようになって4ヶ月。

その後の経過をちょっと書き記します。

最初の頃は最長2週間薬なしでも過ごせるようになったのに、クリスマス辺りから3日おき、2日おきと薬の服用間隔が短くなってしまいました。クリスマスがらみで家族イベントが多かったのがストレスになって肌に出てしまったのでしょうか。そして最近やっとまた6日おきというように少しずつ服用間隔が延びてきました。

薬なしで過ごしている期間もかゆみはやってきます。ただ、昔のような気の狂いそうなかゆみにはならないので、薬を服用せずにかゆみをがまんして過ごせるんです。

今でも、乾燥防止にクリームを塗るときに(特に足)クリームを塗った摩擦で痒くなります。髪をとかすときはブラシと頭皮の摩擦、または髪がブラシによって引っ張られる刺激で痒くなります。ブラも締め付けてかゆみを誘発するので、調子が悪いときはつけません。



抗ヒスタミン剤を極力服用しない代わりにかゆみ止め・防止の塗り薬系を頻繁に使うようになりました。それが高いのなんの!100mgのローションが15ユーロするんです。シャンプーも8ユーロ。その他塗り薬が12ユーロ、7ユーロなどなど。

ちなみに抗ヒスタミン剤は50錠で15ユーロ(1日1錠の服用)飲み薬の方が絶対経済的だぁ。

どくだみ茶が効くというのを小耳に挟み、さっそく母にどくだみ茶を送ってもらい、毎日飲んだけれど、私に対する効果ははっきり言って「無」でした

痒いのって厄介ですほんとに。

皆さんストレスには注意です!

↓私の愛用の薬たち
DSCN8293.jpg

  1. 2007/01/26(金) 22:17:59|
  2. 健康

納豆天ぷら

ドイツは急に寒くなりました。ようやく冬の到来です。それがあまりにも突然すぎて、雪がどっさり降った東・南ドイツの方では冬の準備がタイヤにはきかえていない車を運転した人たちが続々事故ってます。
私の住んでいる地域は大体マイナス5度ぐらいで、雪はめったに降らない地域なので、心配なしです。



今日は夫からサプライズで花束をもらいました
やっぱり女性なら、予期せぬ花束アプローチは誰でもうれしいですよね。「サプライズの花束がほしい~~」ってぼやいてたときもあったので、その効果!?でしょうか。

hana070124.jpg





さて本題。
またまた食ネタです。ドイツ話は何処へ..... ??最近ドイツを紹介できるようなお出かけは「節約」のためにしていないんです。お天気も悪いことだし。


先日納豆を作ったのですが、発酵時間が短すぎて、納豆の糸引き具合がイマイチになってしまいました。糸引きがイマイチだと、納豆っておいしくないです。
その納豆をなんとかおいしく消費するために納豆天ぷらを作りました。

天ぷらの衣には小麦粉と片栗粉を使用しました。水は炭酸水を使用。
片栗粉と炭酸水効果で、時間が経っても天ぷらはカリカリ・サクサクです

そこに納豆、刻みねぎ、青海苔を入れてぐりぐりかき混ぜて揚げれば出来上がりです。それをしょうが醤油でいただきます。
おいしぃ~。青しそで納豆の挟み揚げも最高なんですけどねぇ。青しそは手に入りません


DSCN8270.jpg



  1. 2007/01/25(木) 03:45:21|
  2. 和食

煮干の佃煮・干し大根の煮物

日本から送られてくる貴重な日本食材は、ついついもったいなくて、使わずにしまっておきがちです。そうこうしているうちに期限切れが近づく食材も出てきてしまいます。
今日はあわてて期限切れ間近の食材でお料理しました


煮干の佃煮(セットになっていて、材料を混ぜ合わせるだけ、火水いらずの即席)
切干大根とひじきの煮物
付け合せでキャベツの浅漬け
付け合せでのりの佃煮

DSCN8190.jpg


煮干の佃煮は夫はあまり好きじゃないので、一人で食べます。
私って基本的に納豆と漬物、味噌汁があれば満足です。日本食って素晴らしい。
  1. 2007/01/22(月) 03:56:09|
  2. 和食

台風の後

ニュースを見る限りでは、被害は結構大きく、停電になっている地域もあり、死者43人出てしまいました。

私の住んでいる町も結構すごかったみたいですが、私達が住んでいるところは覚悟していたほどの強風はなく、幸い普通の台風ぐらいでした。

今日は風がちょっと強いぐらいで、嵐は過ぎ去りました。
  1. 2007/01/20(土) 06:00:00|
  2. ドイツでの日常生活などなど

ドイツに大型台風「Krill」上陸

今日の午後から天気が荒れています。大型台風「Krill」の上陸です。
夫の今日の授業は台風の為キャンセルされました。
テレビでは台風のニュースがずっと流れていて、外出しないように警告しています。

私の住んでいる地域では風速150km/時 に達するそうです。テレビで風速の強さはどんなものか説明がありました。
80km/時の風速は、人が殆ど歩けない状態
100km/時 では木が倒れ、屋根がはがれたりする状態。

150km/時ってどうなっちゃうの?


天候が世界中で狂っていますね。人々が快適な生活を求めた結果、代償なのでしょう。一人一人が環境に対してちゃんと取り組まなくてはいけない時代になってきました。戦争なんてやっている場合じゃないぞ。

台風の被害は多分避けられないだろうけど、最低限に収まりますように。
  1. 2007/01/18(木) 22:42:40|
  2. ドイツでの日常生活などなど

ラーメン

最近研究中の献立があります。
それはラーメンです。



この辺はラーメン屋さんはないので、食べたくなったら自分で作るしかないのです。昔日本人街のある町でラーメンを食べたことがありますが、高いし、しかもそんなに感動するほどの味でもありませんでした! なのに一杯8~9ユーロはします。日本円にしたら1200円ぐらい?日本だったら大体400円~600円ぐらいが相場ですよね。

そんなに食べたいなら自分でラーメンを作ってみよう!と思いました。自分で作るなら肉を使用しないでスープもできるし。
私と同じような状況の人が試行錯誤して自宅でラーメンを作って、ブログにのっけているので、その人たちのサイトを参考にしていろいろやってみました。

まずは麺から
結果を先に言ってしまいますと、スパゲティで麺は充分いけます!
麺は中国(ベトナム?)製のものと、市販のスパゲティでラーメンになんとなく見かけが近いものを使用しました。
ゆでるときに重曹を加えるとスパゲティがラーメンの匂いになるという情報がブログ「いつも食べることばかり」に書いてあったので試してみました。
すると本当に、スパゲティが見事にラーメンになりました!匂いがラーメンです。食べてみると麺が引き締まってラーメンに近いです。故郷会津では太目のちぢれ麺が当たり前です。その麺ではこのスパゲティがいい具合に太くて厚みがあって、気に入りました。中国製麺は細すぎて、すぐやわらかくなってしまうので私的にはNG

NG、でもなんだかんだ言ってすでに半分以上は使ってます。
DSCN8164.jpg


今回使用したスパゲティ。短いけれど、いい感じに太くて気に入りました。
DSCN8172.jpg





そして肝心のスープですが、二通り編み出しました。どうしてもスープが濃厚にならないので、スープが決め手のシンプルしょうゆラーメンは今のところちょっと無理ですが、味噌ベースで作ってみました。

①簡単スープ
1.にんにく、鷹の爪、しょうがを炒める
2.野菜をたっぷり入れて炒め、塩コショウで薄く味付け。もやしタップリが最高!
3.湯を加えて、味噌としいたけスープの素、鰹だしの素で味付け
4.麺を入れたどんぶりに具ごとスープを入れる。
5.すり胡麻をタップリかけて、ねぎ、フライドオニオンを盛り付ける

しいたけスープの素は中国系スーパーで手に入るんですが、これが結構いい出しになってくれます(安いし)。コチラです↓1~2人分のラーメンスープで4分の1ぐらいを使います。
DSCN8181.jpg



②野菜からとるスープベース
にんじん、ねぎ、たまねぎ、しょうが、にんにく、その他キャベツなどのくず野菜があればそれも一緒に、大なべでゆっくりことことスープを取る
スープができたら、野菜を取り出して、しいたけ、昆布を入れてさらにゆでる。

あとは①簡単スープの2.以降同じ手順です。1回目のラーメンはどうしてもベジタリアン100%ラーメンに挑戦したかったから鰹だしの素は入れませんでした。これはやっぱりスープベースが薄すぎて、イマイチでした。2回目は鰹だしの素を入れました。これは成功しました。

結果>
②の野菜からとるベースで作ったラーメンは時間がかかる割にはほんのり野菜の甘味があるものの、①の簡単スープとあまり仕上がりは変わらないというちょっとむなしい結果。
ということで今のところはベジラーメンはあきらめて、鰹だしの素入りのラーメンどまりです。それでも、自分で言うのもなんだけど、おいしく出来上がりました。夫にも好評でした。


ラーメンはこれからも時々食卓に登場してきそうです。ただし、簡単スープバージョンで充分いけることが分かりました。コジュジャンを加えてもおいしかったです。

揚げ豆腐をチャーシュー風に乗っけてみました。
DSCN8170.jpg

  1. 2007/01/15(月) 03:50:24|
  2. 和食

ベジタリアン餃子

パスタマシーンで餃子の皮を作りました。パスタマシーンを購入したばかりですが、肝心のパスタはまだ作っていません

先日作ったMaultaschenがあまりおいしくなかったのが悔しく、今日はリベンジで餃子作り。
お料理の本も図書館からたくさん借りてきて、何か新しいレパートリーを増やそうと思っているはずなのに、結局作るのは日本食またはアジア食。


餃子はもちろんベジタリアン餃子。卵・乳製品無使用。

ベジタリアン餃子の具
 キャベツ
 アジアンスーパーで売っている固い豆腐
 大豆そぼろ
 にら
 ごま
 ごま油
 オリーブオイル
 塩・胡椒
 にんにく
 しょうが

肉を使わないと具がまとまりにくくなりがちなところですが、今回は豆腐をすり鉢ですって加えてみました。いい感じでつなぎになりました。
大豆そぼろをオリーブオイルに浸して旨みとなる油分を補います。


そして、パスタマシーンで作った餃子の皮の出来具合は、最高でした。
伸ばすのも簡単だし、型を抜くのにはコップで充分いけるので楽チンです。形も厚さもすべて同じに仕上がります。

家のキッチンはすごく小さくて作業ができる充分なスペースがないのでリビングで作業をしました。

写真撮影は夫がしてくれました。

強力粉を生地に振りながらこんな感じに少しずつ生地をマシーンで薄くしていきます。最後に伸ばすときは片栗粉にします。
DSCN8106.jpg

DSCN8115.jpg

DSCN8117.jpg


そしてお盆の上にのっけて型抜きします。
DSCN8130.jpg


こんな感じに餃子の皮がどんどんできていきます。
DSCN8104.jpg


具をつめて
DSCN8140.jpg


できあがり
DSCN8141.jpg


皮はもっちり、片栗粉のおこげがぱりぱりでとてもおいしくできました。
お肉を使わなくても、とてもおいしい餃子になりました。餃子好きの夫も満足
DSCN8161.jpg


しかし、作るのはすごーく時間がかかるのに、食べてしまうのはあっという間。手作りの楽しさはありますが、なんとも採算合いませんね。

宝くじに当たったら、大きな調理場付の家を建てて、業務用餃子マシーン、豆乳絞りマシーン、納豆保温器、キムチ冷蔵庫などなど、いろいろ揃えたいものです。そしたら私はきっと調理場から出てこなくなっちゃうでしょうね。調理場に畳の仮眠室・茶室もつけましょう。
  1. 2007/01/14(日) 00:00:25|
  2. 和食

納豆・おから

納豆作りがすっかり定着して今では週に1度300gの大豆で納豆を作っています。出来上がる納豆は計ったことないけれど500gぐらい?それを独り占めで1週間で食べてしまいます。幸せ~。

いろいろ納豆作りを試して分かったことがいくつかあります

・お弁当箱で納豆を作るよりも、耐熱性ガラスの容器で作ったほうが均等に納豆菌発酵されるようです。
・引き割り納豆の方が普通の納豆よりも発酵時間が少なくてすみます。
・匂いで納豆の発酵が十分進んだかどうかわかるようになりました。

DSCN8090.jpg



残念ながら電気保温で温度を自動管理する納豆保温器作成は計画倒れ(!?)になってしまいました。変圧器が必要で、結構電気食うみたいだし、不経済ということです。



 



 そういえば、こないだ豆腐を作ったときにできたおからを少し取っておきました。豆腐を作るときにできるおからの量って結構すごくて、もったいないと思いつつ使い道も分からずいつも捨てていました。

今回は何かいい方法がないかなと思い、「おからパック」を作ってみました。
作り方は、おからに牛乳または豆乳を加えて、蜂蜜を少し加えて顔に塗ります。おからですから、パックというより、塊が顔から落ちないように塗りつけるような状態ですが、これ、結構イケます!!!塗りつけた後は、かたまりが落ちないようにベッドに仰向けになって15分ぐらい音楽を聴いてリラックスします。 

パックした後は1日中肌がすべすべしっとりしていました。美肌効果大と分かり、残りのおからをさっそく小分けにして冷凍保存しました。半分以上のおからをすでに捨ててしまったことを後悔!

豆腐作りのときにどろどろに砕いた大豆を絞り袋に入れて手で絞るんですが、絞った後って手がすごくすべすべするんです。大豆はお肌にも良いのだ。

  1. 2007/01/12(金) 16:37:36|
  2. 納豆作り

インド風ベジハンバーグとオーブンポテトフライ

期限切れになってしまったベジハンバーグの素を食材棚の奥から発見したので、お昼ごはんにしました(って食べるのか!)。カレー風味で全粒粉とオートミール等が主原料、お湯を加えてこねるだけの簡単もの。

期限切れの日付は海外生活をするようになってからあまり気にしなくなりました。信用するのは自分の舌。おいしければイケるってことで捨てずに感謝していただきます。しにゃぁしないから!


付け合せはポテトフライとにんじんフライ
油で揚げずにオーブンで焼きます。初挑戦です!小麦粉をまぶすので、仕上がりはぱりっと香ばしいくおいしいし、油もそんなに使わないのでヘルシーです。

さらっと作り方を紹介
1.ジャガイモを皮のついたまま8つに縦割りに切ってバットにおいて少し水分を飛ばします。
2.小麦粉+チリパウダー+ガーリックパウダー+塩を合わせたものをジャガイモにまぶして、オーブンシートを敷いた天板に重ならないようにおきます。
3.オリーブオイルをまんべんなく振りかけてから手で全体にオイルがいきわたるように軽く混ぜ混ぜし、再び重ならないように天板に均一に置きます。
4.170度のオーブンで30分ぐらいで出来上がり!
にんじんフライも全く同様に一緒に作りました。



DSCN8095.jpg

  1. 2007/01/12(金) 00:42:55|
  2. 洋食

パスタマシーンでマウルタッシェン Maultaschen 

早速パスタマシーンを使ってMaultaschen(マウルタッシェン>ラビオリの巨大バージョン)を作ってみました。

生地が均等にどんどん薄くなっていくのが楽しいです。具はほうれん草とじゃがいもです。
こんな感じになりました。
DSCN8082.jpg


そして軽くゆでてからフライパンで焼きました。
DSCN8085.jpg


味の方はといいますと..... マズかったぁぁ。具がイマイチだったんですね。がっくり。くじけて餃子を作ってしまいそう。


納豆作りの為に大豆を茹でたついでに、大豆とひじきとおからの煮物を作りました。
DSCN8089.jpg

  1. 2007/01/11(木) 01:19:57|
  2. パスタ

渡独記念日

2003年1月10日に私はドイツへ来ました。

寒くて暗くて、言葉も通じなくて、地下部屋のマンスリーアパートでの生活が始まりました。

そして生活の立ち上げと同時にドイツ語の集中コースを取りながら就職活動も始まりました。


ン、去年も似たようなこと書いた気が...

あっという間に5年目突入です。
  1. 2007/01/10(水) 23:57:56|
  2. 自己紹介

もてなし料理

久しぶりのお料理登場です。
でも小さい写真で失礼します。義父母が先週ポーランドからの帰路に私達を尋ねて来ました。
DSCN8067.jpg


メニュー

1.手作り豆腐の冷奴
2.ほうれん草とおからの白和え
3.さやいんげん白和え
4.白菜浅漬け
5.大根甘酢漬け
6.きゅうり浅漬け唐辛子ソース和え
7.白えんどう豆のドライトマトオリーブオイル漬け
7.ベジタリアンマーボー豆腐 (これは写真に載ってません)

日本ではなんの珍しくもない普通の小料理ですけどネ


ひそかに義父母にも健康のために野菜料理をもっと食べてほしいと思っています。その刺激にもなるかなと思い、今回は腕を振るって、豆腐中心の100%ベジタリアン料理を出しました。


卵・乳製品も使わない完璧ビーガン(*)料理。中途半端ベジタリアンな私ですが、ビーガン料理を作って達成感を感じました(ただの自己満足!)。殆どの料理はオイルも使わない低カロリーです。

* ビーガン> 肉、魚、卵、乳製品を食さないベジタリアンのこと


義父母はすごくおいしいと喜んでくれました。料理が刺激になったのかは分かりませんが、ダイエットをしたいとも言っていましたし、お肉を減らした食生活を考慮し始めたようです。
夫も私と一緒に生活しているがゆえに、半ベジタリアン生活が板についてきました。ベジタリアンの響きをすごくポジティブにとらえてくれています。
家では魚も普段は殆ど食べませんがそのうち完璧ベジタリアンになる日が来るのでしょうか!? でもそうなるとお寿司がぁっぅ、キムチがぁぅっ。
  1. 2007/01/10(水) 01:56:11|
  2. 和食

読書 - Dschungelkind

今日はブログ更新の嵐!
ブログはできるときに更新しておこう。
義母からクリスマスプレゼントに本をいただきました。私が前から読みたがっていた本で、「Dschungelkind」 訳すと「ジャングルっ子」というタイトルです。著者自身の体験が書かれています。

ネパールで生まれ、5歳のときにパプアニューギニアへ家族で渡り、ジャングルで部族たちと共に生活をする。17歳のときに自分のまだ住んだことのない故郷ドイツへ家族と共に戻ってくる。そんな著者のジャングルでの幼少時代をつづった本です。私達には想像もつかない生活、ジャングルっ子の物事を見る視点、考え方がすごい面白いです。危険も隣り合わせながら生きていくジャングルで彼女はすごく生き生きして心のそこから笑っています。著者は私と同じ34歳ですが、ドイツに戻ってきてからいまだにドイツの生活がしっくりきていないようです。


2冊目も出ていてるので、読み終わったら購入するかも。そのころには安くなっていることを願って。。。。
buch.jpg

  1. 2007/01/09(火) 02:14:29|
  2. 贈り物

パスタマシーンをポーランドで購入

ずっと欲しいと思っていたもののひとつ、パスタマシーンを遂に購入しました。ポーランドでなんと約10ユーロの値段で売ってました。ドイツで買ったら30ユーロぐらいすると思います。日本だとパスタマシンは結構高いんですよね。
DSCN8076.jpg


これで餃子の皮も簡単に作れるかな。いろいろ試してみようっと。
  1. 2007/01/09(火) 01:53:28|
  2. ドイツでの日常生活などなど

ポーランドでのクリスマス

やっとこ落ち着いて時間が取れるようになったので、いまさらですが、ポーランドのクリスマスを紹介


ポーランドのクリスマスに必ず出てくる料理があります。それは、
1.バルシチ - 赤いビーツとその他野菜からスープをとったほんのり甘味と酸味があるスープ。
2.ピロシキ - 餃子みたいなもので、中には肉、サワークラウト、ジャガイモ、チーズ、きのこなどなど、いろいろ入ります
3.鯉のゼリー詰め

義母の手作りクリスマス料理はとてもおいしかった!
DSCN7744.jpg



こちらはご近所のお姉さんの手作りケーキの一部。これでもかってぐらいの種類のケーキを作ってました。
DSCN7736.jpg




ポーランドは物価が比較的安いので、買い物にはもってこいです。洋服もかわいいものがたくさん安値で売られています。今回は残念ながら時間がなくてショッピングできませんでしたが。

ドイツで売られている物よりおいしいもの、ポーランドでしか手に入らないものがあります。そのなかで今回買ったものはこちら。
DSCN8075.jpg

左から>
1.レモンペッパー - サラダなどに少し加えるとさっぱりした風味になります。ドイツにも同じ名の商品がありますがはっきり言ってまずいです。ポーランドでしか手に入らないみたい。
2.トマトジュース - ドイツのトマトジュースはドロっとしていて濃厚すぎるので私はいつも水を足して飲んでいます。ポーランドのトマトジュースはさらっとしていて飲みやすくおいしいです。
3.酢 - 今回のポーランド訪問で発見したのが、ポーランドの酢がおいしいといいうこと! 漬物、酢の物にも合うし、そして寿司酢としてもばっちり代用できることがわかりました。米酢はこちらでは高価なので、代用できる酢があるとかなり経済的です。
4.濃縮バルシチ - これに水を加えて温めるだけでおいしいバルシチができます。これはもちろんドイツでは売ってません。


ポーランド滞在最後の日は手巻き寿司(またか!)をしました。夫と私は浴衣姿で食事。なにか機会を見つけて浴衣を着るようにしないとせっかく母からもらったプレゼントがもったいないので。
夫の浴衣ちょっと短すぎ?
DSCN8009.jpg

  1. 2007/01/09(火) 01:23:54|
  2. ドイツでの日常生活などなど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。