新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドイツで自然派基礎化粧品を探せ!

みなさんの愛用の基礎化粧品は何ですか。
私はシナリーという日本のブランドの基礎化粧品を長い間愛用していました。保湿がとてもよくて肌に優しく、私の肌にすっかりなじんでいました。ドイツに来ても友人や母に頼んで1年分ぐらいまとめて送ってもらったり、日本に帰ったときにまとめ買いしてドイツに持ち帰ってました。

しかし、これから先は日本に帰る頻度が減ること、愛用の化粧品が高いことも考えて、とうとう日本の化粧品から卒業することに決めました。

2年ぐらい前に一度ドイツで手に入る基礎化粧水をいくつか買って試したんですが、どれも私に合うものはありませんでした。まず、香りがきつい!当時は田舎に住んでいたので、あまり選択がなかったのもあり、あきらめてまた日本の基礎化粧品を使い続けました。

「都会」に引っ越してきて再度自分に会う基礎化粧品探しに挑戦!
ドイツは自然派化粧品、健康食品関係の質は保証付き!
化粧品もこの辺は、健康食品、自然食品・自然化粧品などを取り扱っている専門店があります。さすが都会

無添加・自然派化粧品というとすごく値段が高いイメージがあったんですが、以外にも手ごろな値段でした。

こちらが化粧水
お試しでまず3本買いました。
DSCN8517.jpg

左から>
dm alverdeは150mlで 2.5ユーロぐらい
Lavera 100ml 5.9ユーロ
Lagona お試しサイズの1ユーロ(100ml は確か5.9ユーロぐらい)



LaveraとLagonaはドイツ以外の国でも販売されていて、値段はなんと3~4倍以上もします。ビックリ!他の自然派化粧品ブランドも海外で販売されいますが、やはり値段は一気に飛び上がります。
使い心地、香りの点でいちばん良かったのは、なんとドラッグストアDMが自社ブランドで出している(つまり安い)ものでした。

alverdeの製品は値段は安いけれど、エコテストで何度も良い評価を得ていて、このシリーズのアロエクリームは最近の自然派化粧製品との比較テストで高価な他社の製品を抜いて1位に輝いています。安くても、質はいいわけです。

安いし試して損はないと思い、私は乾燥肌用のワイルドローズシリーズを一通り買ってみました。こちらもテストでは良い評価を得ています。あまりにも安いので、どうなんだろう~と疑ってましたが、さすが評価が高いだけあって、使い心地はばっちりで、保湿性もOK、香りも心地よい!
安心して使える製品が見つかったことに感謝です。

さらに加齢対策で購入!
ニベアのQ10目元保湿クリーム(15ml) 8ユーロ(1000円)
DSCN8520.jpg


値段の比較は以下の通り

化粧水 200ml 4000円
保湿クリーム 40g 5000円
美容液    50mlだったかな 10000円


alverdeシリーズ

洗顔クリーム 2.75ユーロ (350円)
化粧水 150g 2.45ユーロ (318円)
保湿クリーム 3.25ユーロ  (422円)
マッサージオイル 3.79ユーロ (492円)←これは全身保湿の為に購入
DSCN8518.jpg



10倍以上の値段の差はありますね。
基礎化粧品に限らず、製品の値段と質が必ずしも比例しているわけではないということに気づかされます。値段が安くてもいいものってあるわけです。

食品もそうなんです。ドイツのスーパーで出回る野菜果物の汚染に関して興味深いデータを手に入れました。食品も安心・信用して買えない時代になりましたね。この話題は次回お話します。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/26(月) 09:00:06|
  2. コスメ

ドイツ語の授業3週目終了

ドイツ語のクラスが始まって3週間が経ちました。私が今取っているのは中級最終コースに相当するレベルで、ZMPという検定試験の準備コースです。
さすがレベルもだんだん高くなってきて、結構大変
テキストを読んで、内容をを自分の言葉で説明したり、文法の練習をみんなでやっているんですが、私だけ「」って感じ。
みんなの前でテキスト読むのはつまずくし、何が書いてあったか自分の言葉で説明する前に、内容がよく理解できてなくて、クラスでおとなしい子になってます。やばやば。けっこうあせってます。こんなんで6月にやってくる検定試験に合格できるんでしょうか。100ユーロという大金を払って試験受けるわけだし、授業料だって高かったし、合格しなかったらウン百ユーロがドッカーンと空中に消えてしまいます。



ドイツ語の授業を取っている人たちの国籍はさまざまです。イラン人、イラク人、ロシア人、ポーランド人、スペイン人、旧ユーゴスラビア人などなど。
みんなの人生話を聞いていると、日本人ってほんと平和すぎだな~って思います。旧ユーゴスラビアの婦人は紛争から逃れドイツへ来ました。イラク人の女の子は、戦争が続くバグダットから1年前に旦那様と旦那様の両親と一緒にドイツに来ました。彼女の家族はバグダットにまだいます。彼女はバグダットで何人もの死人を見てきたそうです。そのほかに貧しい国からよりよい生活を求めてドイツへ来る人がたくさんいます。みんな人生をかけて祖国を後にしてドイツにたどり着きました。私の義母もそうでした。
食べる物、着るものにも困らず育つ人はほんの一握りの人たちなんだなって思わされます。

移民を受け入れるともちろん問題もたくさん出てきます。でも、移民をちゃんと受け入れてる国は尊敬します。ちょっと肌の黒い人や、明らかにドイツ人じゃない顔立ちの人が「ドイツ人です」って言っても違和感ないです。
日本はどうでしょう。白人、アフリカン、東南アジア系の人が日本語を流暢に話して「日本人です」って言ったら思いっきり違和感ありますよね。
いつか日本でもいろいろなナショナリティの日本人が増えてくる日がくるといいですね。

ということで、またいつ更新するか分かりませんが、今日はこの辺で。
  1. 2007/02/24(土) 01:22:18|
  2. 語学学校

バレンタインデー

日本のバレンタインデーは女性が男性にチョコレートをプレゼントする習慣ですよね。こちらドイツ(に限りませんが)は男性が女性にプレゼントをするらしいです。この日はバラの花が大売れです。

日本はバレンタインデーは義理チョコなんてもあって大変です。義理チョコとか、やらなくてもいいけれど、やらないと気まずいとか、みんなやってるのに私だけやらないと。。。とか。クリスマスプレゼントもそうだけど、結局は企業が儲かるように仕掛けているだけで、それにまんまとのっけられている消費者。なーんて考えてしまうのは私だけでしょうか。

イベントがあまり好きじゃない私はもちろんバレンタインデーも興味の対象外です。っていっても、夫は私みたいにひねくれていないので、バレンタインデーなんてこともすっかり忘れていた私に花束をプレゼントしてくれました。

ここ数日体調を壊してしまい、13日火曜日はドイツ語のクラスを休んでいました。14日の日も調子が悪く、ドイツ語の授業に出るかどうか散々迷ったんですが、高い授業料のことを考えたら(セコイ!)やっぱり出ることに決めました。そして雨の振る中体にムチ打ってバス停へ向かいました。時間になってもなかなか来ないバスを待っていると、道路の向かい側のバス停にバスが止まり、学校帰りの夫がバスから降りてきました。手元にはバラの花束をかかえ、私を見るなり気まずい顔。本当は私が帰宅したときに花束を渡して驚かせる予定だったそうな。で、私は夫の顔と花束を見たら急に具合が悪くなり(?)バス停からそのまま夫と一緒に家に引き返しました。






体調を崩すと、健康であることに感謝します。体の痛みが強くて眠れなかった時は、普段このような強い痛みがないことに思わず感謝しました。具合が悪くなるとなぜか、自分の日ごろの行いも反省したりもします。
結婚記念日からバレンタインデーにかけての神様からの痛みの教訓プレゼントでした
  1. 2007/02/17(土) 00:30:02|
  2. 未分類

結婚の法



りおんさんのブログでバナーリンクされているサイトを覗いたら、興味深い記事を見つけました。 ↓の結婚のカテゴリーに載っている一部です。
shban.gif



10.jpg


すごくうなずかされる項目が何個もありました。とくに1、2、3は「なるほど~」の納得。

  1. 2007/02/14(水) 01:09:53|
  2. 未分類

結婚記念日

2月9日は1回目の結婚記念日(婚姻記念日)でした。


なぜか去年の婚姻式当日のように朝からばたばたとして、いろいろ準備に追われ忙しかったのですが、二人きりの楽しいひと時を過ごしました。

夕方には写真館へ行って記念写真を撮ってきました。毎年結婚記念日には記念写真を撮りに行くことになっています(って私が勝手に決めました)。記念写真を撮ることによって、何年か経って結婚生活の歩みを見たり、一緒に年を重ねていく姿を見れるのってすごくステキだなと思うのです。これだけは毎年やろうと思ってます。

記念日というとレストランに行く人が多いと思いますが、私達は家でお祝いしました。家がいちばん落ち着くし、おいしい料理(って自分で言うなって感じですが)とドリンクを値段を気にせず飲み・食べることができるし。もちろん演出はそれなりにしてみました。部屋は薄暗くして、キャンドルをつけ、テーブルセッティングをして、クラッシック音楽がバックで流しました。これでレストランに負けない雰囲気!白ワインがなかなかおいしくて、ほろ酔い気分になり、夫にわけのわからんことを言ってからんでました(笑。
私達にはこれで充分なのです。


テーブルクロス、ワイングラス、キャンドル立ては義父母からいただきました。スプーンの位置は右だったね確か

DSCN8437.jpg
DSCN8444.jpg




料理の内容も、過去に作ったことのある定番お料理です。
メインのパルメザンチーズのリゾット+ムール貝ワイン蒸
ムール貝は高いので普段は買いませんが特別の日なのでふんぱつしました。

DSCN8465.jpgDSCN8470.jpg




とにかく1年無事に過ごせたことに感謝です。そしてこれからの2年後、5年後、10年後.....とつながるように二人の絆を深めて生きたいと思います。

DSCN8460.jpgDSCN8461.jpg



  1. 2007/02/09(金) 23:53:46|
  2. ドイツでの日常生活などなど

ハーブ

ついでにもういっちょ更新!
キッチンの窓際にハーブをそろえました。ローズマリーとパセリ、タイム、ラベンダーです。ミントやバジルなども少し暖かくなってから買おうと思います。種から育てるよりも断然楽チンですね。そして今年は日本から種を持ちこんで大葉を育てます。ハーブは育てる・鑑賞すという楽しみ以外に「食べる」楽しみがあるから、食いしん坊の私には最高の園芸です。
あ、でもラベンダーは食べれませんよね。

DSCN8379.jpg


  1. 2007/02/05(月) 05:17:19|
  2. 食材

Alio Olio 夫作

明日からドイツ語のクラスが始まります。月~木の毎日4時間授業というちょっとした集中コース。夕方のコースなので、夫と顔をあわせるのは夜だけになります。チョットサミシイ

ブログも更新頻度は落ちると思いますが、マイペースでやっていきますので、よろしくネ。


週末は夫が料理をしてくれました。いつものアーリオオーリオをアレンジしたスパゲティです。
私が最近ご飯ばかり出しているから、夫がいい加減飽きて「今日は僕がつくる」って言って下さいました。私の料理も最近ネタ切れ切れです。自分ひとりだったら、納豆と味噌汁で毎日ごはん食べているでしょうね。


「せっかくお料理してくれるなら、ブログに載せようっと」と言ったら、彼はなんだか余計に張り切りだしました。私は一切手伝わず、時々様子を覗きながら、別部屋にいたんですが、その間に結構な数の写真を撮っていました。彼はやり始めるとこだわるタイプ、私は面倒くさいから、出来上がった写真しか撮らないです。

とてもおいしかったアーリオオーリオのアレンジスパゲティでした。ご馳走様でした


fotos.jpg


男の料理ってウレシイ~
DSCN8413.jpg



DSCN8428.jpg


  1. 2007/02/05(月) 04:56:50|
  2. パスタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。