新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドイツ決勝進出決定




ドイツ決勝進出決定!!!



いやぁー、ハラハラドキドキの試合でした。
前半ドイツが1ゴール決めて、後半トルコが2ゴール、ドイツ1ゴールとなってタイムアップになりそうだった

がぁぁぁぁっ

ゲーム終了の最後の1分と言うところで、ドイツがゴールを決めて3:2で勝利ぃ~。

私は全然サッカーファンではないけれど、ファンでなくても楽しめるゲームでした。
トルコも強かったぁ。

トルコは、クロアチアとチェコとの対戦両方で、ゲーム終了間近で逆転勝利した油断のできないチームだったのだ。


ドイツ勝利、うれしいな、そしてホッとした。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/25(水) 23:31:32|
  2. ドイツもの・ドイツカルチャー

ヨーロッパ杯準決勝 ドイツ VS トルコ

明日水曜日はヨーロッパ杯準決勝 ドイツVSトルコのサッカーの試合です。これって、すぎょい怖いことな気がするのは私だけ~?

ドイツ VS トルコの試合って、ドイツ VS ポーランドとか、ドイツ VS フランスとか、ドイツ VS ポルトガルなど、他のEU国の試合とは重みが全然ちゃいます。

ドイツにはトルコの移民が非常に多いです。
ドイツ人とドイツ在住トルコ人あまり仲良くない。ま、トルコ人だけに限ったことではなく、現地に住んでいる人と在住外国人の折り合いがあまりよくないのは、どこの国でもあることです。

そういう理由から、私はドイツとトルコが対戦しませんようにぃぃぃって祈る思いだった

のののにぃぃ、

ドイツとトルコが対戦することになっちゃったよぉぉ。


それぞれの国のファンたちが熱くなって対立しませんように。

街中あらゆるところで国旗を見かけます。準決勝を控えて、ドイツとトルコの国旗、すごい。町はサッカー一色。国旗をつけて走っている車なんてざら。車のボンネットにでかい旗を張り付けている車や、国旗を塗装してしまう車もいるほどだ。

愛国心って私はちょっと危ないと思うんだ。ドイツ人は歴史上の過ちことがあるから愛国心を表に出すなんてことは「タブー」みたいなのがあるんだけれど、2年前のワールドカップをきっかけに、愛国心をサッカーの試合を通して表現するようになった気がする。
トルコも愛国心はハンパじゃないよ。

たかがゲームだけれど、そこから人々の心に他国に対する対立心が芽生えてしまうような気がする。例えば、ドイツ対フランスのゲームなら心を軽くして見られるけれど、ドイツでいろいろ問題になっている国との対決は愛国心を持っている人にとってはただのゲームじゃなくなってしまうような気がする。


私個人としては、やはり住まわせてもらっているこの国ドイツの応援をします。
明日のサッカー怖いけど、見逃せません!
  1. 2008/06/24(火) 18:22:54|
  2. ドイツもの・ドイツカルチャー

ジャンボしその葉

去年育てたしそから落ちた種から今年もしそを育てていますが、去年よりもデカい!

茎もぶっとくて、葉がデカい。
去年はなんも分からなくて、お花用の土を使った。今年はハーブ用の土を使用。土のせいなのか、とんでもないことになっています。

こんなにジャンボでいいのかぁ。
大皿に乗っけてみました。
DSCN2123_350.jpg



どれくらい大きいかというと、













私のデカ手よりおおきい。
DSCN2125_350.jpg



  1. 2008/06/23(月) 20:39:50|
  2. 食材

ドキドキ車の運転

車の運転ってどうも好きになれない。特に都会の運転は苦手。
簡単な道ならいいけれど、車線が3つ4つもあると、それだけで緊張してしまう。
前に住んでいたところは、田舎で、車がないとすごい不便な所だった。あのときは必要にかられて運転していたけれど、今住んでいるところはそこそこ都会で公共交通の便もいいし、自転車で町にも出れるから、車ってあまり運転しない。それにどこかに行くときは夫に運転を任せちゃうし。

でもぉ、
最近私の単独行動範囲が広がってきて、ちょっと遠くに行くことが多くなってきた。バスとトラムの乗車券は結構なお値段するので、いくらガソリン代が記録的に跳ね上がっても、車の方がチョットだけ安上がりになる。

で、必要にかられて、最近運転を頻繁にするようになりました。運転する前に、ドキドキしながら、お祈りして出発。運転実際にしてみると、心配していたほど道は複雑じゃない。

そして無事目的地に着き、家に戻ってきたときは、なんとも言えない達成感があったりする。こうやって少しずつ自信をつけていって、車の運転を克服していきたいな。

やればできるんだ~。
それでも、私の基本は自転車移動です。片道40分以内の距離なら、どこへでも自転車で行くぞぉ。

ガソリン代1リットル150セント=240円なり!
高いでしょ!でも、交通機関も結構高くて、都市圏内の1日券が600円ぐらい。圏外の1日券800円から。これを毎日やってたら、破産します。
そうなると、やっぱり自転車が一番なのだ。
  1. 2008/06/16(月) 10:09:44|
  2. ドイツでの日常生活などなど

週末小旅行

週末は家から150kmほど離れた田舎町へ一泊してきました。
自然に囲まれた超いなか。自然以外は見るところなんもないぐらい。
からぶき屋根のペンションに宿泊しました。
この辺はからぶき屋根の建物が多かった。ドイツにもからぶき屋根があるなんて知らなかった!

食事は地元で取れたものを使った料理が出ました。小屋の隣に蜂を飼っている箱があったので、はちみつは自家製だったと思う。市販のはちみつと違い、乳白色の不透明なハチミツでした。
写真はありませんが、おいしかったよ~。

ふだんパソコンにかじりついている私たち夫婦だけど、ここは現代の生活からかけ離れたところで、二人でくだらない遊びをして時間を過ごした。テレビもパソコンもCDプレーヤーもない。
聞こえるのは小鳥のさえずりぐらい。それが耳に心地よく響くんだぁ。
現代文化から離れた新鮮なひとときでした。

休みでこういうところに来るのはいいリフレッシュ。でも、ずっと住むのは私には無理じゃぁ。
自分の住んでいるちょっぴり都会な町が今はいちばんお気に入り。


コチラ宿泊したところ
DSCN2069_350.jpg


周辺は全部こんなかんじ
DSCN2059_350.jpg



DSCN2050_350.jpg


DSCN2044_350.jpg


DSCN2038_350.jpg


DSCN2036_350.jpg


DSCN2035_350.jpg


  1. 2008/06/11(水) 11:13:45|
  2. ドイツでの日常生活などなど

ドイツで冷やし中華

今日は午前中はどんより曇りで、蒸し暑く、夕方から太陽が出てきてさらに暑くなった。まるで日本の夏のようでした。
ということで、暑かったので、今日の夕飯はまた冷たいもの。


スパゲティ リングイネ で冷やし中華~。
安い、具沢山、おいしい!もちろん植物100%ビーガン仕様です。

前にも記事で書いたんだけれど、
重曹を入れてパスタを茹でるとラーメンの味と香りになるの、ほんとに!
500グラムパック99セントのリングイネでできるし、特別な材料を揃えなくてもドイツでも比較的お手軽に作れる。おいしくお財布にもやさしい夏の料理。今年は暑くなりそうなので、そうめんと冷やし中華はかなりリピートしそう。
中華麺がなくても、冷やし中華のたれがなくても、ちゃんと冷やし中華になるよ、ほんとに。

DSCN2017_350.jpg


覚書レシピ

材料 3人分ぐらい

麺の材料
リングイネ 250g~300g
重曹


具 基本的にはお好み変えてください

乾燥しいたけ
切干大根(なくてもよい)
たけのこ水煮(ちょっとメンマっぽくしたかったので。でもなくてもよい)
きゅうり
わかめ
ネギ
トマト
切りごま(またはすりごま)
刻み海苔
塩、ごま油少々

冷やし中華たれ
だし1カップ(だしはしいたけと切干大根をつけ汁ごと昆布の顆粒だしをを少し加えて茹でたものを使用)
砂糖 大2 (ドイツの砂糖はグラニュー糖で日本の砂糖よりも甘いので、日本の砂糖なら多めに入れた方がよいかも)
しょうゆ 大6
塩 小1(塩加減は自分の好みで調節)
酢 大5
生姜汁 大1弱
ごま油 大1

作り方
具の準備
具の乾燥しいたけと切干大根を水で戻し、つけ汁が具を取り除いた時に1カップになるように水を足し、顆粒昆布だしを少し加えて具ごと茹でる。この汁がたれのだし汁になる。
ゆで上がった切干大根としいたけを取り出し、軽くしぼる。しいたけは薄切りにしておく
切干大根、しいたけ、たけのこ水煮は塩とごま油少々で和えて下味をつけておく。
きゅうり、ねぎは千切りに

たれの準備
一度沸騰しただし汁は火を止める。
そこに酢、醤油、塩、砂糖を加え、冷ましておく。
汁が冷めたら生姜汁とごま油を混ぜる。

麺の準備
湯をわかし、沸騰したら、塩と重曹を入れる。塩加減は、リングイネに少々塩味が残るように、重曹は2、3人分の量なら大さじ1から1強ぐらい。でも、いつも私はテキトーにやってます。
湯は通常パスタを茹でるよりも少なめでOKです。
ゆで上がったら水であらい、最後に氷水で冷やしてから水を切る。


盛り付け
さらに麺をもり、その上にごまとのり以外の具を乗せる
その上からタレをまんべんなくかける(お玉1、5~2つ分ぐらい)
最後にごまとのりを盛り付けてできあがり!




日本にいたら、絶対スーパーで買ってる食品だし、にこんな手間かけないもんね。でも、おかげさまでなんでも手作りしちゃうから、(顆粒だし以外は)添加物も入ってないし、体にはとってもいいよね。








  1. 2008/06/01(日) 20:18:21|
  2. パスタ以外の麺類

ドイツ人のビールパーティ

ドイツはビールが安くてうまい!春から夏にかけてビアガーデンがにぎわいます。ドイツ人はビールを外で飲むのが大好き。でもね、日本のビールみたいにキンキンに冷えていなくて、ちょっとぬるいかんじ。
冷えていないビールを平気で飲んでしまう人たち。

天気がいい日に公園に出かけるとよくみるのが、ビールケースをカートに乗せて、道中飲みながらお散歩したり、いい芝生の場所をさがしたりする人たち。

あとよく見かけるおかしなものは、四輪車の上にビール保存の冷蔵庫、ラジオ、スピーカーなどを装備した自作移動ビールパーティケータリング。これをひっぱりながら、音楽ガンガン鳴らして、みんなの注目を集めてたのしく移動しながら飲む?もしかしたらビールを売っているのかも?

私と夫がいたビアガーテンに来たこの人たち、音楽がんがん鳴らしながら入ってきて、もうすっかりいい気分になっていて、あやうく入場禁止になるところでした。

車のナンバーみたいなものもついている。

ドイツ人男性は何かを組み立てたり創ったり、修理したりするのが得意。器用なんだね。
DSCN1862_350.jpg

DSCN1865_350.jpg




  1. 2008/06/01(日) 10:23:21|
  2. ドイツもの・ドイツカルチャー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。