新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おうちで二人でプチパーティ

昨日はおうちでプチパーティをしました。
ま、私も先週お仕事をしてお給料をもらったので、外食する代わりに家でおいしいものを食べようということになりました。

前は月1ぐらいで夫の給料日に外食をしていたけれど、今度から家で豪華にやろう!ということになりました。外食って、ドイツはレストランでの食事が結構高くて値段の割には量と味がつりあわないところがあって、なかなか納得できない。それなら同じ値段を使って材料買って家で食べたら、もっとおいしいものが、しかもたくさん食べられるっていうことに気がつきました。

ワインはいつも3ユーロ辺りのものを買うのだけど、今回はちょっと贅沢に7ユーロぐらいのを買いました。10ユーロのワインを買う勇気はありませんでした。あー、私ってビンボー庶民だわぁ。まぁ、これはこれで楽しいからいいんだけど。でもさ、日本では同じもののワインはだいたい3倍の値段で売られているから、7ユーロのワインなら日本なら3000円ぐらいしちゃうんではないでしょか。それなら十分贅沢なワインじゃぁ。
IMG_1887.jpg
お味の方も良かったよー。ドイツのワイン何だけど、なかなか濃厚でした。


来月までの楽しみが増えた~。

テーブルセッティングはこんな感じ。ちょっとレストランぽく演出。
IMG_1888.jpg


またまたしつこくシュパーゲル(白アスパラ)登場!だっておいし~いんだもの♪
IMG_1872.jpg

ギリシャのお惣菜屋さんで色々買ったもの、お魚やさんで買ったもの
IMG_1868.jpg

お惣菜屋のオーナー(?)のおっかさんが手作りしたパンが売ってます。オリーブを織り込んだパン、これがもっちりして、しっとりして、超うまかった!
IMG_1879.jpg

サーモンの刺身、カブの浅漬け、えびのガーリック焼き
IMG_1869.jpg



楽しかった~、おいしかった~♪
スポンサーサイト
  1. 2009/05/31(日) 11:39:30|
  2. 洋食

今日の夕ご飯

明日は夫が仕事で国際展示会に出展者として行きます。3日間家を留守にするので、今夜は夫のプチ壮行会ディナーをしました。

まずは前菜
ひよこ豆のバルサミコ苺サラダ
DSCN3752.jpg


バルサミコ+苺+バジリコはゴールデンコンビです♪ 苺も旬だし、使わないテはない!
自分で言うのもなんだけど簡単でレストラン並みにうまくできるんだわ。
誰も聞いちゃいないけど、バルサミコドレッシングの分量は、

バルサミコとオリーブオイルを1:1の割合
好みでチりパウダーまたは刻み唐辛子
粒胡椒少々
苺小さく切ったもの
フレッシュバジル刻んだもの
にんにく一カケ、あらく切ったもの(あとで取り出すため)

量は好みに合わせて適当にやってください。上の材料を混ぜ合わせてしばらく置いときます。ひよこ豆と和える直前ににんにくを取り出します。
ひよこ豆をドレッシングを和えて10分ぐらいなじませておいて出来上がり~。
ひよこ豆は是非自分で茹でることをお勧めします!自分でゆでたひよこ豆はそのまま食べてもおいしいです。つまみ食いが止まりません。
このドレッシングはルッコラサラダや白豆にも相性バツグンです。

ちなみに私は苺はドイツ産が出るまで買いません。スペインの苺を良く見かけますが、農薬の検出量が多いので、絶対に買いません。スペイン産は基本的に避けるようにしています。
今の季節はトマトもドイツ産が出ているので、ドイツものを買うようにしています。
どこの国の野菜、果物が農薬検出量が多くて危険かという表がグリーンピースのHPに乗っているのです。それを見たら多分お買い物できなくなってしまうかも…..





次はメイン
DSCN3757.jpg

またまたシュパーゲル(白アスパラ)登場!もう甘くておいしくてたまらんです。
DSCN3756.jpg

6月の末までの期間限定の旬なので、お金が許す限り時々買うつもりです。夫婦二人してシュパーゲルが大好きなのだ。
付け合せはじゃがいも。今回は初の試みで塩、オリーブオイル、クミンシードを入れて茹でてみました。なかなかいいアロマが出てました。
そして蒸しほうれん草ともやし、サラダ。


いや~、今日の夕ご飯もおいしかったです~。
ごちそうさまでした。


  1. 2009/05/25(月) 22:23:18|
  2. 洋食

久々の和食ごはん

私のお仕事中は夫が私より帰宅するのが早かったので、夕飯はほとんど夫が作ってくれました。夫がごはんを作ってくれるのはほんとうに嬉しい。でも、お料理は私のストレス発散というか、作らないとなんかモンモンとしてくるので、お仕事期間が終わったら、私のお料理も再開で~す。

しばらく和食がなかったので、今日のお昼はあるもので和昼ごはんにしました。

DSCN3744.jpg



大根サラダと和風ドレッシング
DSCN3739.jpg
DSCN3740.jpg
和風ドレッシングは、サラダ油、酢、しょうゆ、そしてすりおろしたまねぎを少々、わさびを入れました。仕上げにゴマとすりゴマ少々入れて出来上がり。たまねぎとわさびでパンチの効いた大人のドレッシングになりました。これだとサラダだけでもご飯が食べれます。



クミン野菜炒め
DSCN3741.jpg
油を敷いたフライパンにクミンシードをぱらぱらと振り、スライスした木綿豆腐を乗っけてふたをして中~強火で焼き色を付けます。焼き色がついたらひっくり返して別の面も焼き色付けます。焼き色が着いたところで適当に野菜を入れ、豆腐ごとか軽く混ぜてふたをして蒸し焼きにします。野菜がしんなりしてきたら仕上げにオイスターソースをかけて出来上がり。 つゆごとご飯にかけていただきます。

適当も適当ですが、クミンシードの香りが野菜炒めにマッチしていました。香辛料の好きな人ならクミン味の野菜炒め好きになると思います。日本人は苦手な人と好きな人に分かれるかも。


  1. 2009/05/24(日) 12:48:12|
  2. 和食

ご無沙汰っす

ちょっとブログ久しぶり。

ただいま仕事をしているので、忙しくて更新できず。
定期的な仕事は私はない(見つからない)ので、単発のお仕事のみです。



年に何回かのことなんですけどね。


国際見本市の日本企業のお手伝いをしています。色々な専門分野の人と出会いは普通じゃあ絶対ないし、その世界の最新のものが世界中からこぞって集まって展示されているので、なかなか楽しくお仕事させてもらってます。


英語、ドイツ語、そして日本語を生かしたお仕事ですが、通訳をするのはなかなか集中力が要ります。頭で分かっても正しい日本語が出てこない。やっぱりどうしても英語と日本語がごちゃまぜになってしまう。英語で話しているのにおもわずドイツ語がぽろっと出そうになって頭でドイツ語から英語に訳したり、わけわからんです。

でも開催期間後半にさしかかると慣れてきて、ちゃんと使い分けが出来るようになります。要するに外国語は使い続けないと忘れちまいます。


やっぱり働けるっていいなぁ~。


落ち着いて時間ができたら改めてゆっくり更新しま~す。

それじゃぁ♪

  1. 2009/05/21(木) 19:25:42|
  2. 未分類

シュパーゲル

旬のシュパーゲル、白アスパラです。
スーパーでもシュパーゲル売っているけど、道端に出店がでて売られていたり、ホームセンターの入り口に出店が出て地元で取れたシュパーゲルが売られています。地元産シュパーゲルは新鮮であま~くておいしい~♪
二人で1kg分食べました。


この季節にドイツに来たらシュパーゲル食べないで日本に帰ってはいけません!

付け合せにはじゃがいも塩茹でと、最近ウチではやりのRice-A-Toni。
DSCN3731.jpg


DSCN3732.jpg
  1. 2009/05/14(木) 19:37:01|
  2. 洋食

晩御飯

最近晩御飯がんばって作ってます。
がんばっているポイントは、塩分控えめに、そして野菜をたくさん取り入れて、そしてお腹いっぱいになること。
たまに(ていうかしょっちゅう)作りすぎるけど。二人分の分量って難しいのよね。

今の季節は野菜が旬なので、結構色々なアレンジが利く。

久しぶりに晩御飯アップ~♪
DSCN3729.jpg
うちの食卓常連の酸辣湯(サンラータン・スーラータン)
野菜とサーモンのレタス手巻き
パスタご飯(Rice-A-Toni)


Rice-A-Toni 最近覚えた新レシピなんだけど、私的に大ヒット!しょっちゅう作ってます。カッペリーニをプチプチ折って、バターまたはオリーブオイルでパスタの色がブラウンになるまで香ばしく炒め、バスマティライスを入れてさらに炒め、粉末ブイヨン(固形の場合は崩して)を入れてさらにいためます。香りがしてきたら湯を加えて調理します。
米とパスタの料は半々ぐらい。米が多めでもOK、要するに好みでどうぞ!

超簡単なんだけど、そのままでもばくばく食べれちゃうぐらいおいしい。パスタの香ばしさがご飯と良く合ってすっごくおいしい。私はバターとオリーブオイル両方で作ってみたけれど、オリーブオイルの方が私にはおいしかった。
パスタはカッペリーニを使用しますが、私はスープ用か何かに既に細かくなっているパスタが近所のトルコスーパーで売っていたので、それを使いました。

レシピビデオをアップしたので、英語ですが、映像だけで分かるぐらい簡単なので、興味ある人はどうぞ。すっごくおいしいです。

私はこの人とこの人のレシピのファンです。シンプルでおいしい。彼女の食べっぷりもいい。


  1. 2009/05/13(水) 08:33:46|
  2. その他食

帰国レポート7- お買い物

帰国レポートもそろそろ終わりに近づいてきました。

今回は買ったものシリーズ。

まずはブラ♪
ドイツってブラとかすごく安く買える。でも自分にほんとうにフィットするのってなかなか見つからない。私は特に機械じんましんで、肌に圧力がかかったところがかゆくなるから、ワイヤーつきのブラとか、素材が悪いとすぐにかゆくなってしまう。日本はその辺の気遣いがされつくされているブラが売られている。店員さんもとっても親切にアドバイスしてくれて、下着の買いだめをした。ドイツもこれくらいお金を払えばきっとなにか見つかるのかも知れないけれど、ここまでちゃんとアドバイスしてくれる下着専門の店員さんはまずいないだろうな~。下着専門店もあるけれど、入ったことがない。そういったアドバイスが出来る店員さんが普通にデパートにいるってのが、日本はすごいよ。

で、お洋服と靴も少し買いました。やっすいやつね。でも、私のサイズが普通に売っているし、日本のお洋服ってほんっとかわいいな。日本では私は服Mサイズだけど、ドイツだと34~36っていう一番小さいサイズになってしまう。これだと、サイズがなかなか見つからない。



次は食べ物、こんなもの買いました~♪
海外ではこんな食材が貴重なのですってところを見てください。日本ではなんの苦労もなく手に入る食材です。

最初は☆うんめぼっし~☆
これは私にとっては宝石なのだ。こちらはお友達からのプレゼント。
DSCN3685.jpg
DSCN3686.jpg

そしてこちらは母の手作りの超すっぱい梅干。お友達の庭で取れた梅を漬けてるので、100パーセント有機梅干!ドイツに持っていくのに液が漏れないようにと母が梅干を干してくれました。すっごい塩吹いてるでしょ。見てるだけでスョッパーッ。よだれ出る~
DSCN3688.jpg



次はくるまふ。会津炭火焼きだじょ~。ベジタリアン料理でよく使われるアイテムの一つ。
DSCN3689.jpg


地元会津産の切り干し大根
DSCN3691.jpg



米麹 また味噌作りするのだい♪
DSCN3690.jpg

ソースと昆布だし。100円ショップで買いました。こんないいものが100円で買えるなんて日本に住んでいる人たちは幸せ者っ。
これとまったく同じ製品で、50ml多めの300ml入りが、ドイツでは4.9ユーロ650円もするんだじょ。オドロキ
DSCN3692.jpg



たらスパのもと
DSCN3694.jpg


昆布だしのもと。ドイツのスーパーではかつおだししか売っていないの。
DSCN3697.jpg


あとはご飯にまぜぜるやつとふりかけ。私のひとりご飯はこれで全然オッケー。つうか、ふりかけもご馳走!?
DSCN3698.jpg



カレーは夫の大好物なので、時間がないときに簡単に作れる。ま、こっちにもカレールーは売っているけれどね。
DSCN3699.jpg


乾物。
DSCN3701.jpg



こんなんどうですかな。焼き網使ってみたけど、イマイチでした。使い方がわるい?
DSCN3702.jpg



化粧水マスク用♪。こんなんドイツ売ってないものね。普通のコットンで化粧水パックすると、コットンが化粧水たくさん吸い取るのでもったいないのだ。これだとだいぶ化粧水が節約できる。
DSCN3703.jpg








  1. 2009/05/12(火) 11:22:10|
  2. 帰国2009春

今日の愛妻弁当

前回の愛妻弁当は、会社の同僚の興味を引いたそうだ。ふっふっふ♪
今日も作ってみました。夫は毎日ご飯を食べる人じゃないし、毎日作ろうとすると疲れてしまうので、無理しないでおかずがたくさんあるときに弁当を作ろうと思います。
梅干弁当とか、ふりかけ弁当を喜んでくれる人だったらもっと簡単だったんだけどなぁ。

しかし弁当箱を埋めるのって大変だ...。でも、結構たのしいかも。


ご飯はツナマヨのっけ
おかずはベジ肉じゃが風、高野豆腐、ベジバーグ、いんげんゴマ和え
DSCN3725.jpg

ツナ以外はすっかりベジ弁当になってますが、夫もベジがいいと言ってくれるので助かってます。



  1. 2009/05/11(月) 15:09:02|
  2. 和食

帰国レポート6- 大内宿

大内宿へ行ってきました。 

大内宿は有名な観光名所の一つで、全国から観光客がたくさん訪れます。テレビの取材でも良く取り上げられるので、有名人も来ます。
西若松駅から私たちは出発しました。大内宿の最寄り駅湯野上温泉駅まで40分ほど。観光シーズンになるとお座敷トロッコ列車というお座敷+トロッコ+展望車両の三両編成の観光客向けの楽しい列車がでています。私たちはトロッコ車両を予約しました。

列車の様子。 
トロッコ車両。こちらはかなり古い車両でしたが、団体観光客でほとんど満席。
IMG_1500.jpg


行く道はトンネルが多いので、こちらの車両にはトンネル通過中のアトラクションが組み込まれています。






それは....  











天井に光るお星様とちょうちんのライトアップ!!!! (つくりはいかにも安っぽかったですが、それなりに面白かった)
IMG_1515.jpg


お座敷車両。こちらの方は比較的新しく、畳に座りながらゆったりとくつろげます。
IMG_1516.jpg



モットモット(もとほか弁ですか?)であったかいお弁当を買って列車の中でいただきました。ゆっくりくつろいで流れる景色を見ながらご飯を食べる。列車の旅ってこれが楽しいのだ~。
IMG_1502.jpg
IMG_1503.jpg



目的地の駅まで行くのに、2箇所ほど名所があって、本来ならば通過するところを観光向けの列車なのでわざわざ止まってくれます。


その名所の一つ、こちらは途中の駅、芦ノ牧温泉駅の人気者 猫駅長さんです!
IMG_1509.jpg

この駅長さんを観光客の人に見ていただくために、3分ほど特別停車しました。みんな列車から降りて駅長さんの写真を取りまくり~。駅長さんはごらんのとおり観光客慣れしてます。

平和やなぁ~。


次の名所は、写真はないんですが、渓谷の下に天然の露天風呂があって、そこでお風呂に入っている人が列車が来ると手を振ってくれる....という「名所」があって、そこも列車はかなりスピードを落として走ってくれました。
窓から下を見下げると、ほんとうにいたっ、真っ裸で露天風呂に入っている人が二人! そして、ほんとうにコチラに向かって手を振ってくれた!
ある意味感動。


平和やなぁ~。



こちらが途中で見えるた景色。この下でおっさんが露天風呂入ってた。もちろん素っ裸
IMG_1517.jpg



湯野上温泉到着。
日本で唯一のからぶき屋根の駅だそうな。
IMG_1602.jpg

列車の到着の瞬間を取るためにカメラマンが線路の側でシャッターチャンスを狙って待機していた。
IMG_1604.jpg

ここから大内宿まで5.5キロあります。電車で来た人はたいていタクシーに乗っていくと思いますが、私たちはお金がなかったので、歩いていくことにしました。
バスもこの通り運行ゼロに近い状態。
IMG_1521.jpg

しゅっぱーつ♪


登り道で歩いても歩いても山ばっかし。こんなところに村なんてあるんだろうか。。。。と不安になりました。
IMG_1525.jpg
IMG_1526.jpg



1時間半ぐらい歩いたかな、ようやく到着しました。
IMG_1543.jpg
IMG_1546.jpg


江戸時代のころの家並みがそのまま保存されている。昔にタイムスリップしたような気になります。

夫が気に入ったのは鯉のぼり
IMG_1563.jpg


そして川で冷やされているラムネ。ビー玉が入っているビンを初めてみて代興奮。
IMG_1553.jpg
IMG_1572.jpg


名物のおそば。お箸は出てこなくて、ねぎで蕎麦をすくって、ねぎをかじりながらいただくという。私たちは普通の蕎麦を注文しましたが、大内宿の名物なだけあって、お蕎麦はとてもおいしかった~♪
IMG_1574.jpg


スズメバチの焼酎漬け。これは精力つきそう、体に良さそう!でも私は飲みたくねぇ。左の小瓶に入っているのは蜂の幼虫。
IMG_1564.jpg


ちょうどからぶき屋根の張替えをしていました。天気がいいときに短時間で大人数でいっきに張り替えなくてはいけないと聞きました。天気が悪くなって雨など降ってしまうとからぶきがダメになってしまうからだそうな。
IMG_1565.jpg

IMG_1549.jpg
IMG_1551.jpg
IMG_1555.jpg
IMG_1557.jpg
IMG_1559.jpg



上のほうから大内宿を一望できるところがあります。
IMG_1582.jpg


大内宿観光を終了し、帰りはさすがに疲れてタクシーで駅まで向かいました。
観光シーズン中は大内宿へ訪れる観光客で会津若松から20キロの渋滞になるそうです。普段なら湯野上温泉駅から大内宿まで車で15分程度で着くのですが、渋滞すると2,3時間かかるそうだ。大内宿ってそんなに人気だったとは!







  1. 2009/05/07(木) 15:21:18|
  2. 帰国2009春

愛妻弁当

日本で夫のお弁当箱を買いました。
今日は弁当箱デビュ~♪


DSCN3720.jpg
丸ごとセミプチトマト、茹でジャガイモ、ブロッコリー、白豆のバルサミコ酢和え、いんげんのゴマ和え。
ご飯が入ってませんが、ここはドイツなので省略もありってことで。小さいチーズサンドイッチもこれに加えて持たせました。

あ、なにげにビーガン弁当になっている。塩分も控えめね。

弁当箱って、しっくりおかずが収まるから、いいね~♪ 仕切りがついているのがまたいいのよね。
ドイツって、タッパーとか、サンドイッチ入れる程度の箱とかあるけれど、仕切りがついて色々なデザインに凝ってる弁当箱はありません。文化の違いだな~。
職場に弁当もって来る人は、タッパー一つに一品が入っている。だから、サラダを持ってきた人はサラダだけたっぷり食べていたり、スパゲティもって来た人はスパゲティだけ食べている。
これじゃ色気もシャレ気もないよねぇ。

日本の弁当箱はその点、おかずの種類がたくさん入るように工夫されているし、1品だけ食べて終わりというよりも、食べる楽しみが詰まっている。

日本の弁当のすばらしさ再発見。作るほうは大変だと思うけどネ。


毎日は愛妻弁当作らないと思うけれど、がんばります!毎日家族のためにお弁当を作っている人ってすごいと思います。













  1. 2009/05/07(木) 08:21:24|
  2. 未分類

ドイツの店員

この辺の近くのディスカウント家具やさんへ行った。
夕方行ったんだけど、なんだかんだしてたら閉店間際になってしまった。



閉店15分ぐらい前からドイツは店員さんがそわそわして「客帰れ」モードになる。


あわてて店員さんに質問

すごい態度で応答された。


そして帰ろうと思ってエスカレータへ向かおうと思ったら方向音痴の私は違う方向へ足を向けてしまった。そしたら即店員に「もうレジに行ってくれ」とすごい怒りあらわに言われた。


そっ、そのつもりだったんですがぁぁぁ!怒!!!



久々に見た、ドイツの接客。
日本で過剰な親切な接客に少々慣れてしまったせいもあるのかな。

日本じゃ絶対ありえねぇ~。



ありえねぇ~。



ドイツでこれは普通ですから。お客さんに私情で不機嫌さ丸出しするのも普通ですし、「閉店だから帰ってくれ」って言う店員さんも普通。


お客様は神様ってのもやりすぎだけど、お客さんを大切にするっていうコンセプトがないのよね。
店員の態度が悪いのは、「こんな給料でやってられっか!」っていうのも大有りな気もする。


「ドイツへ戻ってきた」という実感を与えてくれた出来事でした。

かといってドイツが嫌いとか、ドイツ人が嫌いとか、そんなことは決してないからね。住めば色々見えてくるってことさ。
  1. 2009/05/06(水) 16:29:48|
  2. ドイツもの・ドイツカルチャー

ドイツで味噌作り-2

去年の11月にこしらえた味噌の天地返しをしました。
そのときの記事はコチラ

天地返しとは、カビ発生防止と、熟成を均一にさせるために発酵途中の段階でみそを混ぜることをいいます。

完成の1年が経つまでに3回ぐらい天地返しをやるそうだ。

私は手作り味噌初めての挑戦なので、どんなことになるやら。。。


天地返し前の状態。半年前よりは少し色が濃くなったかな。
IMG_1781.jpg



もっと早く天地返しをしなければいけなかったのかも知れないが、帰国もしていて忙しかったし、結局半年後になってしまった。


ふたを開けてみたら....

かっ、    カビが生えていた...

消毒をちゃんとして密封したはずだったのだけれど。容器の使い勝手が味噌作りにはあまりやりずらくて、徹底できなかったのかも(って容器のせいにする)。

でも中身は無事だったので、取り出してカビの部分と味噌の上面を取り除いて捨て、
味噌を消毒した別容器に移しかき混ぜる。
IMG_1783.jpg



そして、洗浄・消毒した容器に戻す。
IMG_1784.jpg
IMG_1785.jpg

上に塩を振りかけて、ラップをしてその上に重石として塩を乗せる。


匂いは味噌っぽくなってきた。味の方はまだ大豆っぽくて、熟成がまだ必要な状態。半味噌、半大豆って感じかな。甘くておいしい!

出来上がりが楽しみだ~♪

  1. 2009/05/05(火) 13:07:45|
  2. 味噌作り

帰国レポート5- 鶴ヶ城、他

鶴ヶ城の桜は満開でした。ちょっと寒かったですが、とても綺麗な厚みのある桜を堪能してきました。

お城と桜の組み合わせってなんでこんなに素晴らしいのでしょう。
IMG_1135.jpg
IMG_1138.jpg
IMG_1150.jpg
IMG_1160.jpg
IMG_1173.jpg


ライトアップされた夜桜も見てきました。夜桜ツアーというものがあって、それに参加してきました。レトロチックな観光用のバスで、座席は窓側に向いています。
他の観光客と一緒に桜を見るにあたって、個人で訪れるのとはまた違った楽しさがあることを発見。知らない人たちで同じ感動、喜びを味わう。
IMG_1323.jpg
IMG_1338.jpg
IMG_1340.jpg
IMG_1343.jpg
IMG_1353.jpg

会津のマスコットキャラクターあかべこ
IMG_1365.jpg


この日は私と夫のお気に入りの東山温泉の旅館原瀧に宿泊。3年前に夫と新婚旅行を兼ねて帰国したときに泊まった旅館で、貸切展望風呂と半バイキング形式のお料理が気に入り、また今回も宿泊しました。
私の大好きな会津の田舎料理がたくさんあって超シアワセ~☆

女性は好きな浴衣が無料で選ぶことができる。着付けもサービスです。私は普段身に着けたことのない黄色に挑戦してみました。なかなか似合ってるんじゃない?
IMG_1308.jpg


貸切展望風呂
川のせせらぎの音がとても心地よかった。
IMG_1276.jpg
IMG_1278.jpg



食事は掘りごたつ形式の半個室の席でいただきます。半分はお料理が席に運ばれてきて、半分はバイキングで好きなものを好きなだけとって食べます。
かまどで作られたお料理、特にごはんはすごくおいしかったです。

お食事どころの様子
IMG_1384.jpg
IMG_1385.jpg
IMG_1386.jpg
IMG_1387.jpg
IMG_1388.jpg
IMG_1389.jpg
IMG_1393.jpg

外が暖かくなると川床でお食事ができるようになります。私が宿泊したときは準備中でした。
IMG_1406.jpg

川床でのお食事も情緒があっていいなぁ。 その川床のそばの足湯でリラックス!人なつっこい猫ちゃんが来てしまいました。
IMG_1411.jpg
IMG_1412.jpg


チェックアウトした後は母がお迎えに来てくれて、私の親友の家族が経営している会津慶山焼山陶へ行ってきました。里帰りするとここへいつも顔をだします。若いときはたくさん迷惑かけましたが、子供のように昔からかわいがってもらってます。

ここの陶器私は大好きで、少しずつ集めていきたいなーって思います。ひとつひとつ丁寧に作り上げられて、色の出方がすごく綺麗。時とともに微妙に変化していく色もまた味があっていい。

今回購入したもの


お香炊き
DSCN3709.jpg
DSCN3710.jpg


湯のみ茶碗 5客
色が淡くて綺麗でしょ。夫と一緒に選びました。
DSCN3712.jpg
DSCN3713.jpg
DSCN3715.jpg
DSCN3718.jpg

帰国するたびに慶山焼きのコレクションを増やして行きたいな。
インターネットでもここの商品を見ることは出来るけれど、ネットに載っていない素敵な商品がたくさん店頭に並んでいるので、是非会津に来たときは寄ってみてください。一目惚れする陶器に絶対出会えます!


IMG_1417.jpg
IMG_1420.jpg

みんなで記念撮影。

IMG_1419_.jpg


その後は近くの有名な桜を見に行きました。田んぼのど真ん中にある桜。なぜに有名?

こちらがそのうわさの桜です。
IMG_1425.jpg


600歳といわれるこの桜の木、元は一本の木で、そこから根を共有する8本の桜の幹がここまで大きく成長しました。スゲー。
IMG_1427.jpg


自分の故郷の観光ってなかなか発見があったり懐かしかったりして、とてもいいです!


会津への旅行は見所がたくさんあって絶対おススメ!皆さんも是非会津に来てくらんしょ。



  1. 2009/05/03(日) 19:18:53|
  2. 帰国2009春
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。