新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

金平にんじんベジ明太子和え

ベジ明太子(にせ明太子)を利用したお料理、これもまたまたいいコンビネーションです。
IMG_3504.jpg


金平にんじんに仕上げにベジ明太子を混ぜるだけ。今回はアマランサスを顆粒ダシの素ちょっとと、フィッシュソースだけで調理しました。金平にんじんを立てる脇役的存在ですから、簡単でぜんぜんOK。
金平にんじんは鷹の爪をオイルで炒めにんじんをさっと炒め、しょうゆで味を整えるのみ。にんじんが甘いから砂糖は不要。


金平にんじんとベジ明太子の相性、もうとぉってもええ感じ。このプチプチ食感やみつきになりそう。
IMG_3505.jpg


今日ちょうど仲良くしているイラン人とアゼルバイジャンの友人が家に来たので試食してもらったら、すごく喜んでくれて、レシピもメモって行きました。あとはアジアショップで売っている煮干をシュリンプペーストで和えたものもすごい気に入って、メモってました。

この真ん中のやつ
IMG_3457.jpg

喜んで食べていただくのが作る側の一番の喜びでございます。


スポンサーサイト
  1. 2010/02/27(土) 22:15:39|
  2. 和食

Praktikum (インターンシップ)1週目

インターンシップが始まって1週間無事終了。ホッ。
実は子供の教育関係のインターンシップなんです。私の今までの仕事とはまったく関係のない、全くもって未経験なことをやってます。戸惑いもたくさんあり、予測不能な出来事が日常茶飯事、それでも心がほっとするようなときもあったりして、毎日ジェットコースターに乗っているような気分。この職業は今からはじめるには年齢的なことを考えると現実的ではないと思いました。
この職業に進むということは4年間専門学校へ通うことになる。20代、30代前半だったらやってたかもしれない。30代後半とっくに突入している私には、学校が終わった時の年齢と、就職難のご時勢で、ドイツ人を引き抜いて経験なし40代の私が果たして採用されるのかということを現実的に考えて、この業界で私がやっていくことはかなり無理があるかも。

国際結婚している方は私と同じような思いをしたことがある人はたくさんいると思います。働きたくても働けないもどかしさ、どこにぶつけたらいいか分からない怒りと焦燥感。とどのつまりは自分は何もできない、価値がない... なんて思いはじめたり。やばっ、こりゃウツに入ってるなって思う。
夫はもちろん言葉で苦労することもないし、外国で就職した経験もなし、住んだ経験もなし。だから私がクヨクヨしたり、悩んだり、どうしてもっと積極的に仕事や学校探しをやらないのかっていうのがイマイチ分かり切っていない。もちろん夫は理解を示してくれるけれど、この気持ちは経験者にしか分からんのですわ。

日本で経済的に自立して働いてきたのに、結婚した先の外国では言葉の壁にぶつかり、仕事をしたくても自分の経験が生かされない、就職が見つからない。就職したいけれど勇気がでない。
外国で就職活動するのってすごく勇気がいります。特別なポジションじゃない限りは現地の人たちとの競争になるわけですから。しかも結婚しているから、就職探すのは居住地周辺限定になる。

それどころか、学校へ行くのだって勇気がいります。大学なら留学生も多いと思うけど、専門学校は現地人がほとんど。グループでやるプロジェクトも多々あるし、孤立したらどうしようとか、色々考えると、行動を起こすのにやはり勇気がいるのだ。


私は結婚してからドイツに来たのではなく、ドイツに就職を探しに来て、感謝なことに仕事がすぐに見つかり3年間日本人とドイツ人の中で働いてきた。でも私の仕事のポジションはドイツ人との仕事がほとんどで、完璧に孤立していた。情報が私にまわってこなくて、自分から聞きだすということも何度もあったし、相手にされなかったこともしばらくあった。周りに認められるのに2年間もかかった。
この経験が結構なトラウマになっているのよね。
でも仕事を辞めてから3年以上経つし、私のドイツ語はまだまだだけどある程度話せるようになったし、トラウマあるくせにまた働いてみたいという気になってきた。自分でも矛盾しているなって思うけれど、なんといっても経済的に自立していたいと強く思う。


自らドイツに来てしまったことを悔やんでるわけではないけれど、叫ばせてくれ

ヴォォォォォォーーヴァァァァァうぉォォォーーーーーーーーーーー


  1. 2010/02/26(金) 12:52:17|
  2. ドイツでの日常生活などなど

じゃがいもとにんじんのコチュジャン炒め

IMG_3503.jpg


久々に作りました。じゃがいもとにんじんを千切りにして炒めてコチュジャン、しょうゆ、砂糖をあわせて作ったたれをかけてさらに炒めてできあがり。
固さはお好みで。私は個人的にジャガイモの千切りは少しシャキっと感が残っているのが好きなんだけど、仕方なく夫の好みに合わせて柔らかくなるように火を通しました。にんじんは時間差で投入し、少しシャキっと感を残しました。


今週からインターンシップなるものをやっています。要するにタダ働きですが、インターンシップをすることにより自分にその仕事が合っているかどうかを見れるという利点があります。
大変ですが、今のところ楽しくやっております。
ということで、なかなかお料理もあれもこれも....ということはしばらくの間はできなくなりそうです。仕事をしながら子育てをしながらブログを毎日更新している方はほんとうにすごいなと思います。
  1. 2010/02/23(火) 21:59:33|
  2. アジア食

納豆・もやし・ポロネギのチジミ

余っていたのでいきなり朝ごはんにしました。


IMG_3501.jpg

小麦粉と片栗粉とだし汁、塩を混ぜて、タップリ具を投入して、熱したフライパンの上で薄く伸ばしてこんがり焼きます。


ラー油+しょう油につけていただきまーす。

本当はタレに、ににんにくすりおろしを入れたいところなのだけど、お出かけ前だったので我慢しました。

ここずっと朝食にパンを食べる気がぜんぜんしないのだ。ご飯や和風なものが食べたくなる。
将来ドイツで老人ホームに入居してもわたしはきっと自炊だな。こりゃ。
  1. 2010/02/22(月) 21:17:55|
  2. アジア食

久々のテンポレ丼

久々にテンポレ丼を作りました。どんぶりではなくてお皿に乗っけたので正確には丼ではないかにゃ。

IMG_3499_.jpg




うーーん、うまかった~♪

  1. 2010/02/21(日) 21:58:06|
  2. アジア食

色々つくってみた昨日の晩御飯

昨日の夜もいろいろと張り切ってお料理しました。100%植物性のビーガン仕様ご飯です。そしていつものごとく経済的に仕上がりました。

まずはすっかり我が家の定番になった○○ちゃんから伝授してもらったコールラビの四川和え。コールラビが安くておおぶりの時にはよく買って作っています。
IMG_3479.jpg


もやしのナムル
IMG_3481.jpg


チコリーときゅうりのスティックサラダ 
IMG_3480.jpg
ドレッシングは好評なにんじんドレッシングです。鍋のつけだれとしても使えます。
IMG_3483.jpg




ポテトのオーブン焼き
これも簡単で美味しいから最近リピしてます。ポテトをメインに何か余った野菜があったら一緒に入れちゃいます。
IMG_3491.jpg


ひじきとにんじんの簡単炊き込みご飯にぎり
具はその名のとおりひじきとにんじんのみだけど、素材の味が生かされてとっても美味しく出来上がります。
顆粒だし少々、しょうゆ、塩、砂糖で味付けて炊き込んで出来上がり!ひじきもさっと洗うだけで戻さずに入れてます。
IMG_3490.jpg


にんじんのクミン炒め
実はひそかにこれが今回のハイライト!
IMG_3486.jpg

私はクミンってドイツ語でKuemmel (クンメル)だとずーーーーーーっと思っていたの。手元にある日本のレシピに載っているクミンを使った料理をKuemmelでやったらぜんぜん美味しくなかったの。これってなんかの間違いじゃない~???ってなぐらいに。ドイツのクミンと日本のクミンは風味が違うのかなーなんて思ったりして。

ところがですよっ、奥さん、姿かたちそっくりで、しかも発音もスペルも似ているだけで、実はまったく違うスパイスだったことが最近判明! Σ( ̄ ̄ ̄Д ̄ ̄ ̄lll) ガビーン

クミン=Kreuzkuemmel (クロイツクンメル)
Kumin.jpg
キャラウェイ=Kuemmel (クンメル)
Cara.jpg

だったのでした。ね、姿形そっくりでしょう。

紛らわしーーーーい。

全然知らんかった。
で、リベンジで今回初めて本物のクミンで作ったのがこれだったのです。味のほうも、非常によろしいでわないですか。
IMG_3486.jpg


クミンはドイツのスーパーでは一般に出回ってませんが、アジアンショップでたんまり見つかりました!

これで疑問が解決でけた。



  1. 2010/02/21(日) 12:30:12|
  2. アジア食

うちでランチパーティ

昨日はうちでお友達と一緒にランチパーティをしました。

私がはりきってお料理しました。料理しているのってすごく楽しい。誰かを招待するときには普段作らないものに挑戦してみたり、演出をがんばってみたり。

今回はイタリアンにしてみました。

アンティパスト
手前から、ズッキーニのアマランサスのせ、煮干のシュリンプペースト漬け、ブルスケッタ
IMG_3457.jpg

IMG_3455.jpg

マッシュルームのマリネ
IMG_3467.jpg


シーフードサラダ
IMG_3463.jpg


キャベツとオレンジのサラダ  ラー油を少し入れてあるのがポイント
IMG_3473.jpg


メインはペンネゴルゴンゾーラ
IMG_3476.jpg


最後にデザートの代わりとして自家製甘酒をふるまいました。
IMG_3477.jpg


美味しく楽しかったパーチーでした♪
  1. 2010/02/18(木) 12:15:59|
  2. 洋食

ズッキーニのアマランサスのせ トビコ風

ベジ明太子風であれもこれもと少々チャレンジはしてましたが、

アマランサスの美味しい食べ方ないかな~なんて考えていたら、ひっらめいった~ん


ズッキーニを焼いた上に乗っけたらおいしいんでない?
アマランサスの味付けをイタリアンにしたら立派なアンティパスト
IMG_3453.jpg



アマランサスは乾煎りして色がいい感じにブラウンになってきたら水を加え顆粒だし(昆布とか、かつおとか)をちょっとだけ加えます。
蓋をしないで中火で茹で、やわらかくなって水分が飛んできたらナンプラーで味を調え、チリパウダーをお好みで加え、ガーリックパウダーを加え、オリーブオイルを入れる。仕上げにレモン汁を数滴隠し味に加えできあがり。

オリーブオイルを入れることによってアマランサスが滑らかーになります。
最後に海苔を小さく細く刻んだものでデコレーション。
IMG_3454.jpg
このプチプチ感がたまらないね。ズッキーニとの相性も抜群~。海苔の代わりにパセリをデコレーションしてもいいね。イタリアンのアンティパストならそっちのほうがイタリアンらしいか。作ってから後で気づく。 orz....

アマランサスにナンプラーを加えることで魚卵系の味に近づきます。ナンプラーNGの方はしょうゆ、または塩で代用されてもいいと思います。


ズッキーニのアマランサスのせは、今日の来客の為の一品となります。


でわでわ~♪
  1. 2010/02/17(水) 13:54:12|
  2. 洋食

意外なもので作る意外な一品

待ちに待ったブツが配達されてきました。


それは.....







じゃじゃーん!!!!
IMG_3442.jpg



これはデンマークのebleskiverというお菓子を焼く道具です。これを何に使いたかったかって、日本人のア・ナ・タならすぐ分かるよね。


モチロンたこ焼き!
ドイツでもたこ焼きフライパンは日本食を販売しているオンラインショップでも入手が可能なのだけど、中国製。中国製を避けたい私としては買う気になれず。
それで、類似品を探していて見つけたのがコレなのだ! Amazon.de で買いました。こんなのも売ってるなんて、すごいね。
どうせ海外に住んでいるなら、日本のものを作るのだって、ここで手に入るものでなんでもやったろうじゃないかー!!! 

「これがないとできない」っていうのが、私の超戦力をかきたてるのじゃ。

穴の大きさはたこ焼きよりちょっと大きめなので、一度に焼ける数が7個でも充分です。
ebleskiverを焼くために生まれたフライパンを私は日本食のために乱用させていただきます。

それでもいつかは本物のebleskiverを焼いてみよう。


早速の第一作は、以外にもたこやきではなくて

さつま揚げ!


なんかひらめいちゃったんです。あの穴に油を入れてさつま揚げを作れば油も少量で済むし、丸い形の良いものができるかなと。

穴に多目の油を入れて、さつま揚げの種を穴より小さめに丸めて入れスプーンの背で少し平たくして焼きます。
IMG_3449.jpg

ひっくり返して焼きます。
IMG_3447.jpg


いい感じに出来上がりました。
IMG_3451.jpg
外はさくさく中はもっちりでとってもおいしーーーい♪ 

参考レシピはコチラ。Cpicon 手作りさつま揚げ by Green Pasture's Club
豆腐は使いませんでした。さつま揚げ種をまとめるのに片栗粉とオートミールを使用。


たこ焼き器でもさつま揚げはできるということが証明されました。
しかも揚げ油のような捨てるオイルも発生しないエコ&経済的で二重丸◎。

今度はたこ焼きを作るぞぉ。


  1. 2010/02/16(火) 11:10:10|
  2. 和食

オーブンで作る晩御飯

昨日の晩御飯

ひらめき料理


にんじんとオレンジレンズ豆のポタージュ
IMG_3443.jpg

シンプルで簡単。材料はにんじん、たまねぎ、オレンジレンズ豆のみ。調味料は顆粒スープの素、塩、レモン汁少々、こしょう少々のみ。


ポテトとにんじんのオーブン焼き
白身魚のホイル蒸し焼き
IMG_3444.jpg

二つとも一緒にオーブンに入れておけば同時に出来上がり!

お魚のほうはハーブで味付けし、さやいんげんとパプリカを一緒にホイル焼きにしました。
うまかったー♪
  1. 2010/02/16(火) 10:45:26|
  2. 洋食

ほうれん草カレー

今日は先日注文した品物の配達を待ってます。えへ、それは届きましたらブログでアップします。
配達を待ってる間はいつもの納豆作りに励んで、その後買い物に行って、また色々料理して... お料理したいレシピが頭の中にたまっているととても嬉しいのだ。


さて、本題。

ずっと作ってみたかったほうれん草カレー

こんなんできました。
IMG_3440.jpg
がび~ん ( ̄□ ̄;)!!

色がグロイ....
夫のは目玉焼き付きでまだいいのだが、私の目玉焼きなしのやつは
IMG_3439.jpg
( ̄□ ̄;)!!



味のほうは濃厚でおいしいかったんだけどね。もうちょっと水分あった方がよかったな。


でも料理は見た目が何パーセントだっけ?視覚で味わう部分が多いんですよね。
私的にはNG.. 見た目に負けないぐらい美味しかったらいいんだけど、離乳食のような食感もあまりいただけず。次回ほうれん草カレーを作る機会があったらほうれん草の食感が残るカレーを作ります!


  1. 2010/02/15(月) 13:08:06|
  2. アジア食

甘酒

手作り麹で前回のように甘酒を作りました。
前回は温度計とにらめっこで9時間家にこもりっきりでしたが、今回の温度管理はサーモメーターにお任せで簡単にできました。甘酒発酵中に外出もできちゃいます。

もち米1に対して水2を加え、炊飯器でもち米を炊きます。熱湯1を加えて混ぜ、温度が70度ぐらいまで下がったら、麹1を加えます。

こんなかんじ。
IMG_3423.jpg

で、湯銭にかけて温度を60度に保ちながら9時間発酵させます。
麹作りで重宝しているのが、昭和初期に出回ったような炊飯器。構造が単純なので、サーモメーターとつなげて温度管理することが可能なのだ。サーモメーターのスイッチのオンオフで、炊飯器は自動的に炊飯モードになり、水の温度を上げてくれる。
IMG_3425.jpg


発酵前は水分がありません。
IMG_3427.jpg


仕上がりはしっとりと水分が出て、とっても甘くなってます。
IMG_3431.jpg


出来上がった甘酒のもとを今度は80度まで温めて発酵を止めてから冷蔵庫で保存。
IMG_3435.jpg


麹作りって面倒くさいんだけど、発酵すると「ボクは生きてるよ!」って訴えているかのように自ら熱を発する。そして50度以上になると糖化を始めるという別な性質も持っていて、生き物のようでかわいかったりするんだな。やっぱりあきらめないで麹作りと味噌作りは続けていこうと思うのでした。




  1. 2010/02/14(日) 13:37:34|
  2. 米麹作り

自家製麹で味噌仕込み 2回目

麹を作ったら、休む暇もなく味噌作りです。生麹なので、日にちは空けられない。

今回の味噌の分量覚書。毎回違う
麹 1.5kg
大豆 750g
塩 450g
茹で汁 450ml (実際は少なめでした)

仕上がりは3,75kg
これは20割味噌といい、材料計算はコチラを参考にしました。
このレシピによると、「食べ始め:寒い時期は3ヶ月後~6ヶ月、春・秋期は2ヶ月後~、真夏は2ヶ月後より試食開始。(温度によって発酵速度はまちまちです。)」
だそうな。結構早く仕上がる。

こんな感じになりました。
IMG_3405.jpg

本当は一度に仕上がり6kg分ぐらい作りたいけれど、米麹同様うちにある道具では味噌作りもこれが限界かなぁ。圧力鍋も大きくないので、750g分の大豆を茹でるのも2回に分けています。


今回使用した容器はIkeaで買ったもので、水切用に上げ底がついている。それを味噌の上にのせて、重石をすれば重みが均等に伝わるという便利もの。
ラップをして上げ底を上に乗せます。
IMG_3408.jpg





そして重石代わりに砂糖と塩1.5kgを乗せて蓋をして出来上がり!
IMG_3410.jpg

おいしい味噌ができますように!
IMG_3412.jpg



  1. 2010/02/12(金) 21:40:34|
  2. 味噌作り

米麹作り

まとまった時間がなかなかとれなくて伸ばし伸ばしになっていた麹づくり、やっとこやりました。麹作りは3日間はつぶれるから、日を選ぶのが大変。

今回はサーモメーターで温度管理をしています。
DSCN4503.jpg
これがなかなかの優れもので、スイッチオン、オフの温度設定が0.01度の精度で設定できる。

温度管理が自動だと、楽チン。ほとんど手放し状態...... といいたいのだけれど、麹君は一度発酵が始まると自ら発熱するので、今度は温度が上がり過ぎないように時々様子をみなくてはいけない。

ヒーターのスイッチが適温で切られたとしても、麹君はおかまいなしにどんどん熱くなっていく。
温度管理、やっぱり難しい....


できあがりはこちら
IMG_3401.jpg
IMG_3403.jpg

経験がないので、理想的な仕上がりの状態がわかりません。いちど日本に帰って味噌屋で修行させてもらいたい。


今回1,5キロの米を麹にしましたが、アイスボックスで発酵させるにはこれが限界。

一度に10kgの味噌をこしらえたいと夢見ていたんだけど、1,5キロの麹では味噌の仕上がり量が3.75キロという現実。

味噌作りは趣味でとどめておくのが無難じゃ。


課題のたくさん残る麹作りでした。次は味噌作りです。
  1. 2010/02/12(金) 16:10:45|
  2. 米麹作り

今日の晩御飯 夫作

はらへりの夫をよそにいつまでも腰を上げずにいた私に夫がしびれきかせて今夜は彼が自ら台所に立ちました。

ちゃんと彩りを考えて盛り付けしているのがわかる。よしよし、エライぞ! こんなにおいしそうなご飯を夫が作ってくれたら写真とっておかなくちゃネ。

豆腐ボロネーゼ。Nettoで売っている温めるだけでOKのソースに炒めたたまねぎを入れてちゃんとアレンジしてあります。
IMG_3397.jpg


トマトモッツァレラ
IMG_3399.jpg




ご馳走様でした♪
  1. 2010/02/10(水) 19:38:24|
  2. 洋食

4周年

私の愛用しているVaioの調子が悪くて今日入院させてきました。今は代用パソコンをひっぱりだして使用中。

昨日は私と夫の4回目の結婚記念日でした。

互いに歩み寄って暮らしていくのが夫婦というものでしょうかね。
私は何十年先も夫と一緒にいたいともちろん思っているけれど、「私たちは大丈夫」なんて過信しないでまずは1年、1年を大切に夫と人生を歩んで生きたいと思います。

記念日のお祝いとして、タパスレストランでパエリアを食べて、メキシカン(?)なバーでカクテルを飲んできました。
しかし、1杯8ユーロもするならもうちょっとおしゃれなグラスで出してほしかったなぁ。
IMG_3361.jpg


お店の雰囲気はよかったんだけどね。
IMG_3362.jpg


外は雪が降ってて、寒すぎて、その後さっさとお家に帰ってきました。
  1. 2010/02/10(水) 19:19:44|
  2. ドイツでの日常生活などなど

にんじんオレンジソースのスパゲティ

たまには違うものを作ってみようと思い、昔に買った料理本を取り出してやってみました。

にんじんとオレンジの組み合わせをパスタソースにするなんて奇抜な発想。
IMG_3357.jpg

炒めたにんじんとたまねぎに野菜スープを加えて煮込んでから絞ったオレンジを加えてハンドミキサーでピュレー状にします。
出来上がりの方ですが、見た目はきれいでも、味が好みじゃなかったなぁ。残念。私はオレンジを加える前まではおいしいと思っていた。オレンジが効きすぎた気がする。2人分でオレンジ1個半使用とレシピには書いてあったけれど、隠し味程度がちょうど良かったな。

食べれることは食べれるが、また作ることはないでしょうねー。
ま、こんなときもありますわな。


付け合せのサラダは大根サラダ+おろしポン酢ドレッシングです。
IMG_3350.jpg

今日は久々に麹つくりにとりかかるぞーぉ。
でわでわ♪
  1. 2010/02/08(月) 10:52:37|
  2. パスタ

かた焼きそばを作ったぞ

今夜の食事は遅くなってしまったのもあり、軽く済ませようと思っていたのに、かた焼きそばが突然作りたくなり、ネットでレシピを調べて作ってしまいました。
お料理は作りたくなると、絶対作らないと落ち着かないのだ。
初めて作ったんだけど、自分で言うのもなんだけど、予想外にかなり美味しくできてしまった。
香ばしく焼けたおそばにあんが絡んで、すぅーごううんまーーーい♪

IMG_3344.jpg


材料は基本的なものばかりで簡単にできました。
今回使用したのは、えび、乾燥しいたけ、にんじん、ポロねぎ、キャベツ、豆腐、しょうが千切り
味付けには塩、しょうゆ、砂糖、顆粒中華スープ(私はアジアショップで買ったしいたけスープの素を使用)

スープの素が美味しい味を出してくれるんだけど、スープの素ってさ、味の素が入っているんだよね。ま、味の素は中華料理にはなかなか欠かせないといったところでしょうか。


そしてそばと一緒にいただいたのはいつもの酸辣湯(サンラータン)
IMG_3345.jpg


さらにもう一品もやしサラダ(ラー油としょうゆ酢で味付けしただけです)
IMG_3336.jpg

軽くするつもりがしっかり食べてしまったのでした。
今日も食事が美味しくて感謝の日でした♪

  1. 2010/02/06(土) 22:38:13|
  2. パスタ以外の麺類

タイレッドカレー

昨日の晩御飯は、夫のリクエストで久々にタイカレーを作りました。
IMG_3332.jpg

今回は初めてレッドカレーを買ってみたんだけど、今まで使っていた紫色の入れ物に入ったカレーよりマイルドでした。
具は豆腐、もやし、パプリカ、たまねぎ、たけのこ
豆腐はドイツのスーパーで売っている硬いやつをちぎってフライパンで炒めておくと肉っぽくなります。

  1. 2010/02/05(金) 10:46:54|
  2. アジア食

冬の節約+ローカロリーな中華サラダ

サラダを作るといっても、この季節はトマトがまずおいしくない。きゅうりも高い。旬じゃないから当たり前だけど。
ということで、冬でも安く作れる節約+ローカロリーサラダなんてどうでしょうか。

IMG_3326.jpg


基本材料は
春雨
にんじん
もやし
ポレー(日本語でポロネギという名であることが最近分かった)
ごま
こんだけ、材料もかなり安いです。でもうんまいです。夫君も褒めてくれました。

たまたまパプリカが余っていたからそれもちょっとだけ入れてみた。

にんじんが入れば彩りもきれいだし、ポロネギはたまねぎや長ネギよりもマイルドだからたっぷり使って美味しい!青い部分も使えば彩りはばっちり。
もやしと春雨は一緒の鍋で軽く湯を通して水にさらして冷まします。
材料と中華ドレッシング(手作りでもなんでも好きなものをどうぞ!)を混ぜ合わせてできあがり~♪
私の作る中華ドレッシングは簡単適当で、しょうゆ、砂糖、ごま油、酢、ラー油をあわせたものです。夫好みにあわせてちょっと甘めにしてみました。こちらの人には甘めのソースがウケがいい。

  1. 2010/02/04(木) 22:52:23|
  2. アジア食

和風パセリパスタ

トルコスーパーでは大束でパセリが売ってます。一束90セントぐらい。ドイツのスーパーだと、この値段でトルコスーパーの6分の1ぐらいしか買えない。だったらお買い得なほうを選ぶよねぇ。
だがしかし、パセリお買い得は嬉しいんだけど、パセリってお料理のメインには使わないから、なかなか減らないのだ。


今日の私の一人昼ごはんはパセリを消費するためにパスタにしてみました。
パセリというと洋風になりがちですが、それをあえて和風に。
IMG_3316.jpg


作り方は超簡単。オリーブオイルで鷹の爪を炒めて辛味を出す。小さく切ったたっぷりのパセリを炒め、しょうゆ、砂糖、ほんの少しの顆粒昆布だしで味をつける。あればドライパプリカを加えると色が映えます。
芯が残っている具合の茹で加減でパスタを炒めたパセリに絡める。茹で汁も少し加えてさらに火を通し、パスタがアルデンテになったら出来上がり♪
パセリは芯の部分も無駄なく使います。たっぷりのパセリも炒めると量がかなり減ります。

これがまたパセリと和風の甘辛さが見事にマッチ!
パセリは、βカロテン(ビタミンA)とビタミンCが非常に多く、その他に、ビタミンE、ビタミンB群、ミネラルも多く含まれているそうです。
栄養満点だね!
  1. 2010/02/04(木) 15:53:25|
  2. パスタ

節約パック♪でも効果抜群!

オートミールってうちは朝食で食べるわけでもないので、消費するのはなかなか大変。
オートミールパックにしてしまえばうまく消費できそう。

IMG_3310.jpg


オートミールはミキサーで粉末にします。
IMG_3311.jpg


そして鍋に粉末にしたオートミールと蜂蜜、水をあわせて火にかけます。トロミがでてきたら荒熱をとって出来上がり!
IMG_3312.jpg



顔にぺたぺた塗って、10~15分おいて洗い流します。

粉末にするとオートミールの成分が水に良く溶け出していいんじゃない?


お肌がとってもしっとりになりました。
節約パック♪でも効果抜群!


  1. 2010/02/04(木) 14:07:53|
  2. コスメ

ジーベンクロイターを使った晩御飯

私ってお料理のやる気って波があって、作るときは次から次へとわーって作るんだけど、やる気モードが低いときはいつも似たような料理の繰り返しで、写真も撮る気にならず...

今日は久々にお料理やる気モード復活で、イタリアン作ってみました。
IMG_3308.jpg


パスタ+2種類ソース(①白菜とほうれん草 ②ハーブトマト)
ゆでたスパゲティをお皿の上で好きなソース(というよりも具か)と一緒に食べるようにしました。
付け合せは大粒のオリーブハーブ漬け

白菜とほうれん草はオリーブオイルでまず白菜を鍋で軽く炒めてから蓋をして蒸します。白菜が柔らかくなったらほうれん草を加えてさらに蒸します。ほうれん草に熱が通ったら塩コショウ、ガーリックパウダーで味を整えて出来上がり。

ハーブトマトソースは、刻んだトマトに魔法のハーブとオリーブオイル、バルサミコオイル、塩コショウを混ぜます。

オリーブハーブは魔法のハーブとオリーブオイル(サラダオイルでもOK)、刻んだパセリを混ぜて出来上がり。


なんで魔法のハーブかって、これを入れるだけでいろんなものがおいしく仕上がっちゃうんだもの。




その魔法のハーブって勝手に名づけた品はコチラ。
IMG_3304.jpg

7ハーブ(ドイツ語でジーベンンクロイター)という名前で、パセリ、オニオン、こしょう、ガーリック、にんじん、パプリカ、ゴマ、チャイブ、ロベージ、、マジョラノ、ローズマリー、セロリの葉、バジルが入っています。
最近買ったんだけど、この商品のハーブの調合具合、なかなかいい。ドイツにいろいろなハーブミックスが出ている。使われているハーブの種類、調合の割合が違うので、いろいろ試してみるといいですね。


今日もご飯がおいしくてシアワセ~なのでした♪
  1. 2010/02/02(火) 21:15:13|
  2. パスタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。