新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

渡独記念日

今日でドイツに来て丸5年が経ちました。初めてドイツに来た日のことは今でも時々思い出します。
日本にいても自分の将来がどうしても見えずに、行き詰っていて、気が狂いそうだった。私生活も大変なことがあったりして、誰も自分を知らない遠くへ行きたかったという気持ちもすごく強かった。まさに「失うものはない」って状況で、そうなると人間は逆に強くなるのか、思いもよらない行動力が出てくる。海外で長期滞在できる簡単な方法はまずワーホリってことで、30歳の年齢制限を越える1ヶ月前にぎりぎりセーフでドイツに入国した。
ドイツ語全くできず、あてもなく、仕事が見つかるかどうかも分からず、全ての荷物を払ってやってきたドイツ。先が全く見えず、不安いっぱいだったけれど、それでも日本にいるよりはドイツが良かった。日本がよっぽどイヤだったのかなぁ。
この時期を思い出すと、初心に帰ることを思い出させてくれます。

今までの大変なことがあったから、今幸せでいていいのかなって自分で自分を納得させたりして。節約しなくてはいけないし、欲しいものが全部手に入るわけでもない質素な暮らしだけれど、そんな生活から見える小さな喜びって結構あって、今の生活が自分には合っていると思います。
仕事、私生活と何かとストレスをたくさんためて生きてきたから今は休憩期間と思って、できるだけ夫に甘えてあせらずにのんびり生活したいと思っています。
ドイツ語の方はといいますと5年いる割にはお恥ずかしいレベルで、なんとかがんばらにゃと思っています。


自分の中ではこの日は一生忘れない密かな記念日です。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/10(木) 20:18:58|
  2. ドイツでの日常生活などなど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。