新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドイツの自転車事情

自転車を去年の4月に買ってから、バスやトラムはめったに利用しなくなりました。
しかも運賃は去年2度も値上がりしたしぃ。キー
自転車を利用すると、節約できるし、ドイツ語のクラスへ行くのに片道25分で、これを毎日やったらいい運動になります。
ドイツは区画整備がよくされていて、自転車専用の道路があるし、景色のいい園を通っていけたり、自転車乗り結構楽しいです。

日本では自転車を選ぶ条件って、「足が届くこと」ですよね。

こちらでは足が付かない自転車を乗っている人がなんと多いこと!信号とかで止まるときはサドルから腰を前にはずして自転車をまたがった状態で立っている。私はどうしてもサドルに腰を置いたまま足を付く習慣があるので、足の付かない自転車はとても怖くて乗れない。どうしてわざわざ足の付かない自転車を選ぶのかは、実際に聞いたことないから分からないけれど、多分タイヤが一回り大きい自転車だと早く進むから?

足が付かない自転車は危険じゃないのかなぁ。

私は一番タイヤの小さいレディース自転車を買いました。しかも99ユーロの超安いやつ。
私の身長の割りには「自転車が小さいんでない?」といわれたこともあるけれど、これで私はいいんです。こっちの人と違って私はどうせ足が短いしぃ.... そのうえ身長186cmの夫と座高が同じなんだから!
「自転車が小さいんでない?」って言ってくれる人は、私の座高を見て言っているのよね。
ほっといてくれぇ~

雨の日も自転車に乗っている人結構います。こちらはみんなカッパ着てがんばってる。私もカッパ買いました。あまり見栄えがよくないので知っている人に見つかったらハズカシイかも。でもこちらの人たちはそんなの気にしないようです。

日本では昔ピンクのカッパ上下を着て仕事へ行ったら、職場の人に思いっきり笑われて、それ以来カッパは着なくなりました。ピンク結構かわいかったんだけど、世間体に負けてしまった弱い私でした。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/22(火) 19:18:15|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。