新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

誕生日

こないだ36歳になってもた。
私の希望で、特別なことはしなかったけど、夫からは花束とハートのチョコレートをもらいました。
先日の結婚記念日に外で取った写真を見ると、私の目元に笑いじわが...ぁっ。ガーン。 肌も見るときめが粗くなっている。ドイツは乾燥しているので、しっかり保湿をしないといけないです。こうやって人は年を重ねていくものなのね。ちゃんとパックもしなくちゃ、パック。

それにしても、社会に出てから今日まで、ほんとうにあっという間に過ぎてしまったというか、自分がどんな風にして生きてきてこんなに時間が経ってしまったのか、よくわからんです。
アメリカの留学を終えて自分のふるさとで4年ぐらい働いていたことと、東京で働いていたこと、ドイツで働いていたこと、今となっては夢だったのかなぁーと思うほど、現実味がなくなっている。こうやって時はこれからも無常にあっという間に過ぎていくんだね。
ここまでくると、年齢よりも、どんな生き方をしていくかにかかってくるんじゃないかと思う。自分の生き方が表情をつくっていくのかな。

今日はあわててスキンケアコスメを買いました。しわは消えずとも、増やさないようにしなければ。
じぶんのしわでわたわた取り乱している私に夫は「キミにしわがあるないはぼくにとっては重要じゃない。自然のままのキミがいちばんだよ」とうれしいことを言ってくれたけれど。私が高い化粧品に手をだして家計がさらに火の車になるのを彼は恐れて私を慰めているような気もするが。

せめてこれからは写真は写真加工のプログラムで、しわとりしみとりに励みます。
スポンサーサイト
  1. 2008/02/13(水) 14:33:32|
  2. ドイツでの日常生活などなど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。