新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビーガンサンドイッチセット

マッシュルームが食べたくなって、私のランチはマッシュルームスパゲティにしました。夫はマッシュルームが嫌いなので別メニュー。

本日の夫用ランチ
ビーガンサンドイッチセット

バーガーは、豆腐から出来たベジバーガーです。自作ではありませんが、自然食品コーナーの無添加食品。一度試してみたかったのだ。
付け合せはコールスローサラダとポテトと人参のオーブンフライ

夫もおいしい!と喜んでくれました。

DSCN1508.jpg

夫は私が肉を食べない生き方を選んだことを尊重してくれている。夫には私のスタイルを強制したことはありません。その代わり、お肉がなくても美味しい手作りの食卓を(ネタはよく切れるが)がんばって作ってます。市販のソースやドレッシングも使わない。自分で作ったほうが美味しい。
家では最近は95パーセントぐらいがビーガン料理になりました。


肉食をやめ、出来合いのもの食べなくなると、味覚が変わってきます。味覚が変わってくると、出来合いのものも美味しいと思わなくなる。それは、身体が添加物を排除して受け入れなくなるからかな?なんて勝手に思っている。

そして、物を見る視点が変わってきます。今まで気づかなかったこと、疑問に思わなかったことが、気づいたり、疑問に思ったり。
環境のこと、家畜の扱われ方から、メディアのあり方、掃除の仕方、生き方、いろいろな面で私も目が開いた気がする。

夫も私と一緒に生活をするようになってから、肉を食する量がかなり減ったので、彼の視点が変わり始めている見たいです。それも自然の減少だと思います。そして、においに敏感になった。肉の焼けるにおいが不快に思うようになったみたい。
スポンサーサイト
  1. 2008/02/23(土) 11:02:01|
  2. 洋食
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。