新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベジ肉まんに初挑戦

ちょっとつぶれてしまって載せるのもお恥ずかしいですが、こんなん出来ました。

具はビーガン100%で、大豆ミート、大根、しいたけ、おから、玉ねぎ、しょうがのすりおろし、醤油が入っている。
レシピはこちらと、またもや vege dining のこちらを参照しました。

これは、びっくりの味に仕上がりました!夫は「肉の味がする」っておどろいてました。
何も言わないで出したら誰も野菜だけなんて絶対に思いません。


DSCN1696_350.jpg



しかし、皮が多分柔らかすぎてつぶれてしまったのかな。皮は改善しなくちゃ。日本のレシピの分量だとうまく行かないことがある。ドイツと日本の小麦粉の性質が違うからだ。

ドイツは小麦粉の種類が日本に比べてとても多い。でも、薄力粉、中力粉、強力粉っていう分け方をしていない。数字がついていて、405、550、660、1050..... のようになる。これは、100kgの小麦の中に何gのミネラルが含まれているかという意味で、数字が増えたからといってグルテンが増えるという意味ではない。

今回は405と1050を使いました。405は薄力粉、1050は強力粉に近いと言われている。
1050は405に比べてキメが粗く、少し褐色気味。

また次回に挑戦。



スポンサーサイト
  1. 2008/03/31(月) 09:44:24|
  2. アジア食
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。