新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お城へ行ってきました

DSCN7071.jpg


週末はSchloss Marienburg マリエンブルグ城へ行ってきました。
エアンスト・アウグストス王の息子ゲオルク5世が妻のマリエ(Marie)にプレゼントしたお城です。お城は妻の名前が付いています。

ん~、こんなプレゼント私もされてみたい。。。

この辺ではゲオルク5世は盲目の王として知られています。そして政略結婚が多い時代に恋愛結婚をしています。

実はイギリスと深い関係のある王家なのです。
いちおう私の住んでいるところは非公開にしておきたいので場所はあえて書きません。

公開されているお部屋は限られていて、自由見学は出来ず、ガイドさんが説明をして一緒に廻ります。天井から、ドアを固定している金具まで隅々までデザインが細かく施されていて、世界で有名なお城見たいには規模は大きくないけれど、とても綺麗なお城でした。
陶器、シルバーの施された椅子、テーブル、アンティークな家具はため息ものでした。
ガイドさんについていかなくてはいけないので、ゆっくりじっくり眺めることが出来なかったのが非常に残念です。
地元の歴史に触れることはいいことですね。これでドイツ語の授業も歴史の話題にはちょっとは入り込めるかな。

また行こうっと。
写真でーす。城内は撮影禁止だったので、自分で撮ったものと、ウェブサイトからちょいとお借りした写真と混ぜています。

写真は「続きを読む」をクリックしてください

DSCN7071.jpg

DSCN7093.jpg

DSCN7122.jpg

mari1.jpg

mari2.jpg

mari3.jpg

mari4.jpg

↑↓この天井の青色は自然の素材から調合した色で、レシピは極秘でしたので、今日この色の調合を知る人はいません。見事なエメラルドグリーンですね。
mari5l.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/09/18(月) 04:42:43|
  2. ドイツもの・ドイツカルチャー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。