FC2ブログ

新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

ロールケーキ

私が初めてロールケーキを焼いたのは小学生の頃でした。母の持っていた料理本を見ながら焼いたロールケーキは、ジャムだけを塗ってまるめただけのシンプルな素朴なものでしたが、手作りのおいしさに感動したのを覚えています。

結局その後料理本を使い続けたのは私で、母ではありませんでした。

子供の頃、手作りお菓子を作るお母さんに強い憧れを持っていました。友達がお母さんの作ったクッキーを学校に持ってきたりするのを見てうらやましがっていました。

私はもし子供を授かったら、子供のおやつは是非手作りにしたいと思います。

本日は、小学生の時以来、初めてのロールケーキを焼きました。
スポンジ生地は卵白と卵黄の別立てで、しっとりフワフワの出来上がりで、かなり満足
生クリームに少しクワーク(クリームチーズのようなもの)を加えたものと黄桃をはさみました。

ドイツのオーブンは日本のオーブンと比べて大きく、天板のサイズも38センチぐらいあります。ちなみに日本の天板のサイズは30~32センチぐらい。これでまともにロールケーキの生地を焼くと、とんでもない大きさのロールケーキが出来上がってしまいます。
そこで、アルミホイルをうまく利用して、天板の幅を調節し、38x30の生地を焼きました。長いロールケーキになりましたヨ!

私は甘いもの、デザート類は滅多に食べないほうなのですが、作るのは好きなのです。夫も甘いお菓子類は好んで食べないほうなので、いつもお菓子を作ると余ってしまうか、悲しきかな私が一人でもぐもぐ食べています

でも、今回のロールケーキは夫に相当気に入られたようです。


DSCN7140.jpg




私は知り合いが近くにいないし、お友達もいないので、お菓子作りはしたものの、余って困るときがたくさんあります。誰かもらって~。
手作り料理は誰かに食べてもらって、喜んでもらって、初めて価値が出てくるものと信じています。
スポンサーサイト



  1. 2006/09/19(火) 16:13:31|
  2. お菓子