新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

帰国レポート2- おいしいもの

なにが日本でうまかったかって、やっぱり家で食べるものが美味かった!
どんなレストランの高級料理よりも、こんなもの↓が美味い~!

帰国第一日目の実家での記念すべき朝食!
DSCN3605.jpg


ナメタケ、冷奴、とろけるような絹豆腐の味噌汁、母の作ったとっても酸っぱい梅干。



豆腐はすばらしくおいしい。ドイツの角が落ちても崩れないような硬くて酸っぱい豆腐とは比べ物にならないほど。このまずい豆腐を知っているからこそ、日本で食べられる豆腐のおいしさも日本に住んでいる人より100倍ぐらい感じるよ。
DSCN3614.jpg


ほとんど毎日スーパー閉店間際に値引き品を狙ってよなよな出かけてました。
日本に来ると食品の何がおどろきかって、

えのきだけ
しめじ
まいたけ
なめこ
DSCN3616.jpg

などのきのこ類が普通~に買えること
これすごいうらやましいことなんだよ~。これがあるだけで、どれだけお料理のレパートリーが増えることか!日本に住んでいたら考えられないでしょ。


最初はめずらしくて食材写真撮ってました。
こんなのも、私の目にはめずらしい
DSCN3618.jpg
DSCN3615.jpg


お友達の旦那様が山から採ってきてくれたあさづき。新鮮でとってもおいしかった。自然から取れたものは味が濃厚で下手に味付けを濃くしない方がおいしくいただける。
DSCN3644.jpg


おじさんがつくってくれたお蕎麦。これは蕎麦屋で食べるよりすごくおいしい。おじさんお蕎麦屋の蕎麦に納得いかず、自分で蕎麦を打ち始めたから、こだわりはすごい。蕎麦粉からたれの材料まで、すべてこだわり物。お蕎麦何枚食べたか覚えていないけど、とにかくおいしくてたくさん食べた。
てんぷらもおいしかった~。
おいしいお蕎麦はたれをつけないでそのまま食べておいしい。蕎麦を食べる順番は、①水蕎麦(水に入っているそばをそのまま)、②塩を少しつけて食べる、③たれをつけてたべる、が通の食べ方だ。
IMG_1468.jpg


和菓子最高! 地元太郎庵の期間限定いちご大福! 白餡なのがポイントなの。私のなかではイチゴ大福は絶対に白餡なのだ。
DSCN3610.jpg



こちらは三万石だったけかな... 和菓子をいろいろ買って友達と試食会
DSCN3642.jpg



そして極めつけは、母の手作りのこづゆです!こづゆは会津を代表する地元料理で、貝柱でだしをとったお吸い物です。これがまたすっごくウマい~っのだ。
写真にはないけれど、母のイカ大根も私の大好物で作ってもらいました。
IMG_1650.jpg


なんの変哲もない菜の花やほうれんそうのおひたしがおいしい。母が友人の畑からもらってきたものだ。スーパーで売っているものとは素材の味の濃さがまったく違う!
いい食材が普通に身近にあるのが田舎育ちの特権といったところでしょうか。



これであと2,3年はまたドイツでなんちゃって和食で乗り越えられそうだ。





スポンサーサイト
  1. 2009/04/27(月) 20:30:02|
  2. 帰国2009春
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。