新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やっとこ今年もキムチ作り開始

毎年キムチを大量に漬けるのですが、今年はやる気なし!だったのです。
なぜかなぜかと思ったら、大量に作るから作業が大掛かりになる。大なべをごそごそ出してきて、フードプロセッサーも出して、白菜10kg分のキムチを作るのは1日がかりの仕事。
材料の大根もこの辺では当たり外れが多くて、外れの大根でヤンニョム(キムチのタレ)を作ったらキムチが台無しになる。

モチベーションを低くする原因を挙げて見ました。
1.大量に作るから手間時間がかかる
2.いい大根が手に入りずらい
3.ヤンニョムに使うおかゆを作るのが面倒

ってことはよ、
少量で大根を使わずに、おかゆも使わずに、近所のスーパーで手に入る材料で作ったらもっと気楽に作れるではないかい?

ってことで実験開始~♪
実験のポイント
1.大根の代わりにコールラビを使用
2.ニラの代わりにルッコラを使用(ルッコラ、絶対にキムチに合うと思う!)
3.アミの塩辛の代わりにタイのシュリンプペーストを使用
4.おかゆを入れない
5.欲張らずに白菜2株だけを漬ける
6.分量は量らずに経験と勘に任せる
  私は分量を決めて作るのがニガテなようなので、計らないほうが気楽にできる。
7.ねぎの代わりにポレーを使う(安いし味も甘い)

今までは白菜は塩水に漬けいたのですが、今回は白菜の葉の間に直接塩を振りました。こちらのほうが確実にいい!

タイのシュリンプペーストはコチラ。今回はこれが大活躍!シュリンプペーストを使うアイディアはドイツ暦ウン十年の方からいただきました。
DSCN3804.jpg


白菜二株分だと、いつも使っている大き目のボールで漬けられるし、野菜もマシーン使わなくてもささっと手で切れる。
実験の結果ヤンニョム、美味しく出来上がりました~♪わーい。
IMG_2660.jpg

漬け上がりこちら
IMG_2671.jpg





残りのコールラビも漬けてみました。
IMG_2674.jpg

さて、食べれるのは1週間後ってところでしょうかね。おそらく待ちきれず3日目で開封してしまうだろう。



キムチの材料は韓国とうがらし、ナンプラー、シュリンプソース以外はドイツのスーパーで調達できます。地元スーパーで材料がほとんど買えるのがポイント。
IMG_2659.jpg
ヤンニョムの材料
にんじん
たまねぎ
ポレー
コールラビ
ルッコラ
生姜
にんにく
炒りごま
梨・りんご
出しの素(あれば)少々
パプリカ粉(ドイツのスーパーで売っている)
韓国のキムチ用唐辛子
タイのシュリンプペースト
ナンプラー


この材料のラインアップを韓国の方が見たら邪道だとお叱りを受けてしまうかも。もし美味しく出来あがったら許してください。

スポンサーサイト
  1. 2009/11/23(月) 19:46:36|
  2. キムチ系
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。