新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

週末マーケットと収穫品

昨日土曜日はまたマーケットに行ってきました。

そのときの収穫品はこれです。占めて11ユーロ
IMG_5395.jpg



チェリー 250g で2.5ユーロ
イチゴ 250g で1.5ユーロ
IMG_5398.jpg



シュパーゲル そろそろシーズンも終わりなのか値段が高くなっていました。今回は500gだけ購入
IMG_5399.jpg




これ、なんだと思いますか?
IMG_5397.jpg
これはたらこの燻製です! 初めて買ってみました。でも日本で売っているのよりかなり大きいので、切ったのを買いました。100g 3.6ユーロと値段は張りますね。
燻製の香りはしますが、中の方は柔らかくて日本のたらこそのものです。とっても美味しい♪ご飯と一緒に食べるにはもうちょっと塩が効いててもいいかな。たらこもドイツで買えることがわかりました。スペルは間違っているかもしれませんが、Dorschhoden という名前です。


そして今日のマーケットでのメインはこちら!
IMG_5396.jpg


ポーランドのピクルス用きゅうり。これはドイツのきゅうりとは違って皮が少し厚めで、皮のぶつぶつが少なくて大きい。これがポーランドのピクルス「オグルキ」を作るのに最適なの。まさかドイツでポーランドのきゅうりが手に入るとは「オグルキ」大好きな私達夫婦にとってはとってもうれしいことです。

私達がきゅうりを買ったお店の人は、ポーランドの国境近くから来ているそうで、お店の人の中にもポーランド人がいました。きゅうりを先週予約しておいたので、ちゃんととっておいてくれました。

ドイツのピクルスは酢と砂糖で漬けますが、ポーランドのものは発酵させるのです。 味は例えて言うなら、出来立てのオグルキはぬか漬けと浅漬けの中間みたいなが味がして日本人の口にも合うと思います。発酵が進むとどんどん酸っぱくなってきて、これが好きかどうかは個人差があります。

オグルキはポーランドで初めて食べてハマりました。それからドイツでも毎年夏になると作っていました。身体にもいい発酵食品だし、たくさん食べても太らないしね。


オグルキ作りは次のブログ記事で書きますね。
それでは!





スポンサーサイト

テーマ:食品・食べ物・食生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2010/06/27(日) 09:48:49|
  2. 食材
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。