新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋仕込の味噌作り

今回は減塩味噌(塩分10%)を仕込みました。
IMG_6205.jpg

味噌作りはまるで生き物を相手にしているかのようです。
麹を作る時期、味噌を仕込む時期の季節や温度の変化などの条件で同じ仕込をしても仕上がりの量が違ったり、味もそれぞれ違ってくる。これが手作りの良さと楽しさですね。

美味しくできたかどうか、どんな仕上がりになっているかなど、結果がすぐに出ない。待たなくてはいけない。
味噌の出来具合から学ぶことはたくさんある。次はこうしよう、ああしようと仕上がった味噌から次への改善点を見出すのだけど、なにせ結果が出るまで早くて4ヶ月、半年~1年かかるので、味噌作りの経験を深めるのは年数がいります。仕込むときは祈るような気持ちで「うまく発酵しておいしくなってねー」と心を込めてます。

うまく仕上がったときは本当に嬉しいです。お料理する楽しさともまた全然違う。
仕込めば仕込むほど麹菌と仲良くなれる気がする。相手から反応が帰ってくる喜びというか。待たなくてはいけない分喜びも大きいのでしょうね。
IMG_6206.jpg

覚書
大豆 1.2kg
生麹 1.8kg
塩 0.54kg
仕上がり 約5.2kg
塩分 10%


私が日本に住んでいたら麹作りなんて絶対にしていなかったし、味噌も作っていなかったでしょう。他にも日本にいたら絶対に作らないものを作るようになった。
そう思うと、食生活が多少不自由な海外に住んでいることに本当に感謝♪と思うのでした。

この味噌に使った米麹の記事はこちら
スポンサーサイト

テーマ:食品・食べ物・食生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2010/09/13(月) 10:26:20|
  2. 味噌作り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。