新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドイツで市販されているしいたけ

先日こちらの記事で紹介したKaurlandで購入したしいたけですが、
IMG_6470.jpg

ラベルに原産国が書いていなかったので、気になってメーカーに問い合わせました。
原産国はなんと中国だったのです! ショックぅぅぅぅぅぅ!

で、品質コントロールはどのようにしているのかさらに問い合わせると、
ドイツ・ヨーロッパの食品衛生の法律に沿ってラボでテストをして合格したものを包装しているとのことでした。ま、これを信じるしかない。消費者には選択の余地がない... どこもかしこも中国製品であふれている。


アジアショップで売られているしいたけとは明らかに味も香りも違うから、ドイツのことだからしっかりと検査してコントロールされているだろうとは思いましたが。

それに同じ原産国でも販売ルートが違うのでしょうね。


でも食品に原産国の表示は義務付けされていないのでしょうか。スーパーでは新鮮な野菜は原産国が必ず表示されているので、義務かとおもいきや。乾物は表示しなくてもいいとかなんとか色々なルールがあるのかも。いつも買っているミルヒライスも原産国は書いていない。HPを昔見たらイタリアと書いてありましたが。知らない間に原産国が変わっているかもしれないし!

消費者にはまだまだグレーゾーンが多いドイツを感じました。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/29(水) 08:48:44|
  2. 食材
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。