新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドイツの家畜飼料汚染

卵、豚肉からEU基準の78倍以上のダイオキシンが検出されたということで大騒ぎになってます。

我が家は卵はめったに食べないし、買うとしたら必ずBIOを買っています。
まあ二人家族の家計だから、少し高くても安全なものを選んだりできますが、ドイツは失業者や低所得者が多く、特に子供がいたら食費もかかるし、安全よりも安いものを買うという選択しか残っていない家庭も多いです。
肉にしたって、どうやったらこの値段になるのだろう?というぐらい安いものが売ってます。

毎年必ずありますね、こういったたぐいの食品スキャンダル、特に肉類。
そのたびに肉を食べない選択をして良かったと思います。
ま、野菜果物類も汚染はすでにされてるのだけどね。

ドイツ:家畜飼料にダイオキシン 卵や豚肉、大量回収騒ぎ

2011年1月8日 10時6分

 【ベルリン小谷守彦】ドイツで、高濃度のダイオキシンが検出される家畜飼料が見つかり、卵や豚肉などが大量に回収される騒ぎになっている。廃油などを利用した合成脂質が飼料に混じっていた疑いがあり、販売先となった全国4700軒の農家が暫定的な生産中止に追い込まれた。

 問題となっているのは独北部の業者「ハーレス・ウント・イェンチュ」が販売した家畜飼料で、最高で欧州連合(EU)の基準を78倍も上回るダイオキシンが検出された。同社は、バイオディーゼル業者から取り寄せた合成脂質を混入した疑いで当局の捜査対象になっている。

 市場に出回った飼料は約15万トンに上り、4州の25業者を経て、独北部を中心とする養鶏・養豚農家に販売された。

 独メディアは、昨年春以降に市販された卵、鶏肉、豚肉に基準を超えるダイオキシンが含まれていたとも指摘。卵の出荷停止は、国内にとどまらず英国やオランダ向け輸出にも及んでおり、大型小売店では卵の売上高が半減したとの報道もある。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/08(土) 07:40:29|
  2. ドイツでの日常生活などなど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。