新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドイツ語の授業3週目終了

ドイツ語のクラスが始まって3週間が経ちました。私が今取っているのは中級最終コースに相当するレベルで、ZMPという検定試験の準備コースです。
さすがレベルもだんだん高くなってきて、結構大変
テキストを読んで、内容をを自分の言葉で説明したり、文法の練習をみんなでやっているんですが、私だけ「」って感じ。
みんなの前でテキスト読むのはつまずくし、何が書いてあったか自分の言葉で説明する前に、内容がよく理解できてなくて、クラスでおとなしい子になってます。やばやば。けっこうあせってます。こんなんで6月にやってくる検定試験に合格できるんでしょうか。100ユーロという大金を払って試験受けるわけだし、授業料だって高かったし、合格しなかったらウン百ユーロがドッカーンと空中に消えてしまいます。



ドイツ語の授業を取っている人たちの国籍はさまざまです。イラン人、イラク人、ロシア人、ポーランド人、スペイン人、旧ユーゴスラビア人などなど。
みんなの人生話を聞いていると、日本人ってほんと平和すぎだな~って思います。旧ユーゴスラビアの婦人は紛争から逃れドイツへ来ました。イラク人の女の子は、戦争が続くバグダットから1年前に旦那様と旦那様の両親と一緒にドイツに来ました。彼女の家族はバグダットにまだいます。彼女はバグダットで何人もの死人を見てきたそうです。そのほかに貧しい国からよりよい生活を求めてドイツへ来る人がたくさんいます。みんな人生をかけて祖国を後にしてドイツにたどり着きました。私の義母もそうでした。
食べる物、着るものにも困らず育つ人はほんの一握りの人たちなんだなって思わされます。

移民を受け入れるともちろん問題もたくさん出てきます。でも、移民をちゃんと受け入れてる国は尊敬します。ちょっと肌の黒い人や、明らかにドイツ人じゃない顔立ちの人が「ドイツ人です」って言っても違和感ないです。
日本はどうでしょう。白人、アフリカン、東南アジア系の人が日本語を流暢に話して「日本人です」って言ったら思いっきり違和感ありますよね。
いつか日本でもいろいろなナショナリティの日本人が増えてくる日がくるといいですね。

ということで、またいつ更新するか分かりませんが、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/24(土) 01:22:18|
  2. 語学学校
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。