新(節約)生活 in Germany

主に限られた食材での料理の紹介、日常生活のことなど。ドイツに住んでいるのにドイツの料理ほとんどできない出てこない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドイツで自然派基礎化粧品を探せ!

みなさんの愛用の基礎化粧品は何ですか。
私はシナリーという日本のブランドの基礎化粧品を長い間愛用していました。保湿がとてもよくて肌に優しく、私の肌にすっかりなじんでいました。ドイツに来ても友人や母に頼んで1年分ぐらいまとめて送ってもらったり、日本に帰ったときにまとめ買いしてドイツに持ち帰ってました。

しかし、これから先は日本に帰る頻度が減ること、愛用の化粧品が高いことも考えて、とうとう日本の化粧品から卒業することに決めました。

2年ぐらい前に一度ドイツで手に入る基礎化粧水をいくつか買って試したんですが、どれも私に合うものはありませんでした。まず、香りがきつい!当時は田舎に住んでいたので、あまり選択がなかったのもあり、あきらめてまた日本の基礎化粧品を使い続けました。

「都会」に引っ越してきて再度自分に会う基礎化粧品探しに挑戦!
ドイツは自然派化粧品、健康食品関係の質は保証付き!
化粧品もこの辺は、健康食品、自然食品・自然化粧品などを取り扱っている専門店があります。さすが都会

無添加・自然派化粧品というとすごく値段が高いイメージがあったんですが、以外にも手ごろな値段でした。

こちらが化粧水
お試しでまず3本買いました。
DSCN8517.jpg

左から>
dm alverdeは150mlで 2.5ユーロぐらい
Lavera 100ml 5.9ユーロ
Lagona お試しサイズの1ユーロ(100ml は確か5.9ユーロぐらい)



LaveraとLagonaはドイツ以外の国でも販売されていて、値段はなんと3~4倍以上もします。ビックリ!他の自然派化粧品ブランドも海外で販売されいますが、やはり値段は一気に飛び上がります。
使い心地、香りの点でいちばん良かったのは、なんとドラッグストアDMが自社ブランドで出している(つまり安い)ものでした。

alverdeの製品は値段は安いけれど、エコテストで何度も良い評価を得ていて、このシリーズのアロエクリームは最近の自然派化粧製品との比較テストで高価な他社の製品を抜いて1位に輝いています。安くても、質はいいわけです。

安いし試して損はないと思い、私は乾燥肌用のワイルドローズシリーズを一通り買ってみました。こちらもテストでは良い評価を得ています。あまりにも安いので、どうなんだろう~と疑ってましたが、さすが評価が高いだけあって、使い心地はばっちりで、保湿性もOK、香りも心地よい!
安心して使える製品が見つかったことに感謝です。

さらに加齢対策で購入!
ニベアのQ10目元保湿クリーム(15ml) 8ユーロ(1000円)
DSCN8520.jpg


値段の比較は以下の通り

化粧水 200ml 4000円
保湿クリーム 40g 5000円
美容液    50mlだったかな 10000円


alverdeシリーズ

洗顔クリーム 2.75ユーロ (350円)
化粧水 150g 2.45ユーロ (318円)
保湿クリーム 3.25ユーロ  (422円)
マッサージオイル 3.79ユーロ (492円)←これは全身保湿の為に購入
DSCN8518.jpg



10倍以上の値段の差はありますね。
基礎化粧品に限らず、製品の値段と質が必ずしも比例しているわけではないということに気づかされます。値段が安くてもいいものってあるわけです。

食品もそうなんです。ドイツのスーパーで出回る野菜果物の汚染に関して興味深いデータを手に入れました。食品も安心・信用して買えない時代になりましたね。この話題は次回お話します。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/26(月) 09:00:06|
  2. コスメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。